タチカメバソウ  立亀葉草
[学名] Trigonotis guilielmi (A.Gray) A.Gray ex Gurke
ムラサキ科 Boraginaceae  キュウリグサ属
三河の植物観察
タチカメバソウの花序
タチカメバソウの花
タチカメバソウの花拡大
タチカメバソウの茎と葉
タチカメバソウ
タチカメバソウ葉
 薄暗い林下で濃緑色の葉に白が映える。和名は葉の形が亀の甲に似ていることに由来する。
 太い地下茎が横に伸びる。茎は柔らかく、圧毛があり、直立する。葉は互生し、長さ3~5㎝の卵形~広卵形、全縁、細毛がある。下部の葉の葉柄は長く、上部の葉柄は短い。茎の先に総状花序をつける。花冠は直径7~10㎜、白色~微淡青紫色、5深裂し、真ん中に黄色い付属体があるのが特徴。雄しべ5個は花筒の中にある。萼は5裂し、花後も大きくなって残る。果実は4分果。
[花期] 5~6月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の湿った場所
[分布] 在来種  北海道、本州、朝鮮
[撮影] 面ノ木  07.5.12
TOP Back