ハナイバナ  葉内花
[中国名] 柔弱斑种草 rou ruo ban zhong cao
[学名] Bothriospermum zeylanicum (J.Jacq.) Druce
Bothriospermum tenellum (Hornem.) Fisch. et Mey.
ムラサキ科 Boraginaceae  ハナイバナ属
三河の植物観察
ハナイバナ淡青花
ハナイバナの白花
ハナイバナ果実
ハナイバナ茎
ハナイバナ葉裏の毛
ハナイバナ
ハナイバナの葉
ハナイバナ分果
 道端などに普通に見られる。和名は葉と葉の間に花がつくことから。茎には白色の圧毛が上向きに密生する。葉は互生し、長さ2~3㎝、幅1~2㎝の長楕円形、縁に長毛が生える。花はキュウリグサに似て、小さく、直径は約2~3㎜。花冠は5裂し、白色~淡青色。白に近いものが多い。萼は果期には長さ3~4㎜と長くなる。果実は4分果。分果は楕円形で、粒状突起がある。苞葉は葉と同じ形である。茎の上部の苞葉の葉腋に花がつく。
 キュウリグサは花序の下部の花2~3個に苞葉がつくだけであり、萼が果期に長くならない。
[花期] 3~11月
[草丈] 5~30㎝
[生活型] 1・2年草
[生育場所] 道端、畑地
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国、台湾、ロシア、インド、パキスタン、ベトナム、アフガニスタン、タジキスタン、トルクメンスタン、カザフスタン、キルギスタン、ウズベキスタン
[撮影] 幸田町  09..9.6
TOP Back