コウゾ  楮
[学名] Broussonetia x kazinoki Siebold
クワ科  Moraceae コウゾ属
三河の植物観察
コウゾの未熟な果実
コウゾの果実
コウゾの果実2
コウゾ葉裏の拡大
コウゾの幹
コウゾ
コウゾ葉表
コウゾ葉裏
 古くは和紙の原料として栽培されたもので、各地に野生化している。ヒメコウゾとカジノキの雑種とされている。和紙の原料として、コウゾ、ミツマタガンピがよく知られている。コウゾは若い枝の樹皮が使用され、繊維が長いため紙は強く、穀紙(こくし)又は梶紙(かじかみ)と呼ばれる。
 幹は褐色、皮目がある。冬芽の芽鱗は褐色、有毛。葉は互生し、長さ10~20㎝の歪んだ卵形で、先が尖る。葉柄はヒメコウゾとカジノキの中間の長さ、1~3㎝。カジノキに近いものは雌雄別株、ヒメコウゾに近いものは雌雄同株。雄花序はやや惰円形。雌花の花柱はやや長い。果実が結実することがほとんどないものもある。ヒメコウゾに近いものはヒメコウゾと区別するのは難しく、雌雄別株のものは判別しやすい。雄株より雌株が多い。雄花又は雌花だけであり、葉裏にビロード状の毛がなく、葉柄が1㎝以上あればコウゾである。芽鱗でもヒメコウゾと判別できる。
 ヒメコウゾ Broussonetia monoica は芽鱗が褐色、無毛。葉が不規則に2~3裂し、葉柄が長さ0.5~1㎝。雌雄同株。雄花序は直径約1㎝の球形。果実は直径約1.5㎝の球形。
 カジノキ Broussonetia papyrifera は高木。芽鱗は褐色、有毛。葉は長さ10~20㎝の歪んだ卵形、3~5裂するものもある。葉柄が長さ3~10㎝。葉裏と葉柄にビロード状の軟毛が密生する。雌雄別株。雄花序は長さ3~9㎝の円柱形。果実は直径約3㎝の球形。
[花期] 4~5月
[樹高] 2~6m
[生活型] 落葉低木~小高木
[生育場所] 山林
[分布] 在来種   本州、四国、九州
[撮影] 豊田市  14.6.26
TOP Back