ガンピ  雁皮
[別名] カミノキ
[学名] Diplomorpha sikokiana (Franch. et Savat.) Honda
ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae  ガンピ属
三河の植物観察
ガンピの花序
ガンピの花序2
ガンピの果実
ガンピの花
ガンピの幹
ガンピ
ガンピ葉
ガンピ枝
 コウゾ、ミツマタと並んで、和紙の原料として使われる。幹は濃褐色、サクラの木にやや似る。新枝には絹毛が密生する。葉は互生し、長さ1.5~8㎝、幅1~4㎝の卵形、全縁、基部は円形。葉の両面に伏した絹毛がある。枝先の頭状花序に7~20個の淡黄色の花を下向きにつける。花弁はなく、萼筒が花のように見える。萼筒は長さ約8㎜、先は4裂し、外面は絹毛が密生する。核果は長さ5~6㎜、萼筒が残り、包まれる。核は長さ3~4㎜の黒色、紡錘形。
 キガンピは近畿地方以西に分布し、葉が対生する。
 コガンピは花期が夏。
[花期] 5~6月
[樹高] 1~2m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 日当たりのよい岩場
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(東海地方以西)、四国、九州
[撮影] 幸田町  12.5.30
TOP Back