ヒメコウゾ  姫楮
[別名] コウゾ
[中国名] 楮 chu
[学名] Broussonetia monoica Hance
Broussonetia kazinoki auct. non Siebold
クワ科  Moraceae コウゾ属
三河の植物観察
ヒメコウゾの雄花
ヒメコウゾの蕾
ヒメコウゾの雌花
ヒメコウゾの果実
ヒメコウゾ
ヒメコウゾ葉
 ヒメコウゾもコウゾとよばれ、ミツマタと並び和紙の原料として品種改良されたものが古くから栽培されていた。冬芽の芽鱗が褐色、無毛。葉は互生し、長さ4~10㎝、幅3~4.5㎝の卵形~卵円形、不規則に切れ込み、先は尖る。雌雄同株。新枝の下部の葉腋に雄花序、上部に雌花序がつく。雄花序は直径0.8~1㎝の球形。雌花序は直径約4㎜の球形、長さ約5㎜の赤紫色の糸状の花柱が多数つく。果実は直径0.8~1㎝、朱色に熟し、独特な味がして食べられる。
 コウゾはカジノキとの雑種。雌雄異株。芽鱗が褐色、有毛。
 ツルコウゾ Broussonetia kaempferi var. kaempferiは日本固有種。本州(山口県)、四国、九州に分布し、蔓性。葉は長さ4~11㎝、幅1.3~4㎝。雄花序が長さ1~1.5㎝と長い。
 ナンゴクコウゾ Broussonetia kaempferi var. australis は中国、台湾に分布し、蔓性でなく、葉は2~3裂し、長さ3.5~8㎝、幅2~3㎝。 雄花序が長く1.5~2.5㎝。
[花期] 4~5月(果期 6~7月)
[樹高] 2~5m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山林
[分布] 在来種   本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 豊田市   04.5.2    実 05.6.19
TOP Back