コウヤボウキ  高野箒
[中国名] 长花帚菊
[学名] Pertya scandens (Thunb.) Schultz-Bip.
Pertya ovata Maximovicz
キク科 Asteraceae (Compositae)  コウヤボウキ属
三河の植物観察
コウヤボウキの花
コウヤボウキの総苞
コウヤボウキの果実
コウヤボウキの冠毛
コウヤボウキの開いて残った総苞
コウヤボウキの1年目枝の葉
コウヤボウキ
コウヤボウキの2年目枝の葉
コウヤボウキの冬
コウヤボウキ冠毛を取った果実
 三河の山には多く、普通に見かけられる。茎は細くてしなやかで、短い毛が生える。葉にも短い毛が生え、1年目の枝には長さ1.5~3㎝、幅0.7~1㎝の卵形の葉を互生し、頭花が1個だけ先端につく。葉には小さな突起状の鋸歯が5対以上つき、3脈が見える。2年目以後の茎には細長く鋸歯がある長さ4~6.5㎝、幅1.5~2.5㎝の葉を数個、束生し、花はつかない。総苞は長さ約1.5㎝、幅0.8㎝の筒状。総苞片は約7列。両性花のみで、花冠は先が5深裂し、裂片は線状惰円形。秋になると冠毛のついた果実(痩果)をつける。冠毛は不同長、長さ8~11㎜、白色ときに淡紅色を帯びる。痩果は長さ約7㎜、縦肋があり、白毛が密生する。冬に果実が飛んで開いた総苞が残る。
 類似のナガバノコウヤボウキの方が花がやや早く咲き始める。ナガバノコウヤボウキは三河では分布が少なく、まれにしかみられない。ナガバノコウヤボウキは1年目の枝には花がつかず、2年目の枝に花がつく。
 タイワンタマボウキ Pertya shimozawae は台湾に自生する。中国名は台湾帚菊 (tai wan zhou ju)。葉は互生し、葉身は卵形。頭花は枝先に単生し、総苞は長さ1.4~1.7㎝の鐘形、総苞片は約7列。痩果は長さ約5.5㎜の倒円錐形、冠毛は長さ11~12㎜。
[花期] 9~10月
[樹高] 60~100㎝
[生活型] 小低木
[生育場所] 林縁
[分布] 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、中国
[撮影] 吉良町  11.11.2
TOP Back