ナガバノコウヤボウキ  長葉の高野箒
[学名] Pertya glabrescens Sch.Bip. ex Nakai
Pertya scandens sensu Sch.Bip., excl. basion
キク科 Asteraceae (Compositae)  コウヤボウキ属
三河の植物観察
ナガバノコウヤボウキの花
ナガバノコウヤボウキの花
ナガバノコウヤボウキの総苞
ナガバノコウヤボウキの開きかけた総苞
ナガバノコウヤボウキ果実2
ナガバノコウヤボウキ2年枝の葉
ナガバノコウヤボウキ
ナガバノコウヤボウキ1年枝
ナガバノコウヤボウキ果実
ナガバノコウヤボウキ果期
 ナガバノコウヤボウキはFlora of Chinaにはなく、コウヤボウキ Pertya scandens が掲載されている。しかし、Pertya scandenの図がコウヤボウキでなく、ナガバノコウヤボウキ似た図である。また、Pertya scandens var. viridis Nakai.と同義語としている。Pertya scandens var. viridis Nakai.はPertya glabrescensとも同義語とされているものである。
 葉に毛がほとんど無く、葉脈が目立たない。1年目の枝は花がつかず、葉は互生し、卵形~広卵形、基部が広楔形~円形~切形、小さな突起状鋸歯縁。2年目の枝の葉は輪生状に3~6個が束生し、長さ3~4.5㎝、幅1~1.5㎝の長楕円形~楕円形、基部が楔形、鋸歯がやや大きく明瞭、無柄の頭花が葉の束生した中央につく。総苞は筒形、長さ11~12㎜、幅3~4㎜。総苞片は約4列。頭花は筒状花だけが約10個つく。筒状花は長さ約15㎜、花冠の先が5裂する。雄しべ5個。雌しべ1個。痩果は褐色、長さ6~7㎜、縦肋があり、短毛が散生する。冠毛は褐色~赤褐色を帯び、不同長、長さ8~10㎜程度。痩果が熟してくると総苞片が開き、やがて総苞片が開出し、冠毛が球形に開いて痩果が飛散する。
 コウヤボウキは葉に毛が多く、葉の鋸歯が5対以上ある。また、1年目の枝に花がつき、2年目の枝には花がつかない。
[花期] 8~10月
[樹高] 60~90㎝
[生活型] 落葉小低木
[生育場所] 日当たりの良いやや乾いた場所
[分布] 在来種  本州、四国、九州
[撮影] 笠山   06.8.26
相良山 15.11.16(果実)
TOP Back