クルマバハグマ  車葉白熊
[学名] Pertya rigidula (Miq.) Makino
Macroclinidium rigidulum (Miq.) Makino
キク科 Asteraceae (Compositae)  コウヤボウキ属
三河の植物観察
クルマバハグマの花
クルマバハグマの花横、総苞
クルマバハグマの冠毛
クルマバハグマの果時の総苞
クルマバハグマ
クルマバハグマ果実
 和名の由来は葉が車状につくことから。葉は茎の中央部に7~8個が輪生状につく。葉は長さ約20㎝、先が尖り、基部は楔形、無柄。茎頂の円錐花序にまばらに頭花がつく。頭花は直径約1㎝、10個ほどの両性の筒状花をつける。花冠の先は5裂し、カールして反り返える。総苞片は硬く、鱗状に規則正しく並び、果実が熟すと開出する。痩果は長さ約8㎜、断面が円く。縦肋がありまばらに微毛がある。冠毛は褐色を帯び、長さ10㎜内外。
[花期] 8~9月
[草丈] 50~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の木陰
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(近畿地方以北)
[撮影] 設楽町   05.9.19(咲き初め)
TOP Back