キツネノボタン  狐の牡丹
[学名] Ranunculus silerifolius H.Lév. var. glaber (H.Boissieu) Tamura
Ranunculus quelpaertensis (H.Lév.) Nakai var. glaber (H.Boissieu) H.Hara
Ranunculus silerifolius H.Lev 広義
キンポウゲ科 Ranunculaceae  キンポウゲ属
三河の植物観察
キツネノボタンの花
キツネノボタンの花横
キツネノボタンの蕾
キツネノボタンの集合果
キツネノボタンの果実
キツネノボタンの膜質の托葉
キツネノボタンの茎
キツネノボタン
キツネノボタン葉表
キツネノボタン小葉裏
 和名の由来は葉の形が牡丹に似ていることからといわれている。学名は変種のvar. glaberとなっているが、分類せず、ヤマキツネノボタンを含め、広義にキツネノボタンとする見解もある。中国には花弁の長い変種のvar. dolichanthus がある。
 茎は直立し、上部でよく分枝し、中空、下部の茎にわずかな斜上毛があるだけでほぼ無毛。葉は3出複葉、葉柄の基部に膜質の托葉がある。小葉がさらに浅く2~3裂し、小葉の先や鋸歯はあまり尖らない。萼片は5個、外面に毛があり、先端に毛が多く、内側が窪む。花柄は長さ1.5~6㎝。花は直径1~1.5㎝、黄色い5弁花。花弁は長さ4~6㎜の倒卵形、3~6個と変化が多く、基部を除いて光沢があり、花弁基部に鱗片状の蜜腺がある。雄しべ多数、雌しべ多数。集合果はコンペイ糖のよう球形。痩果は扁平長さ3.5~4㎜、はっきりした稜がなく、花柱が刺のようになり、先が鉤状に曲がる。2n=16
 ヤマキツネノボタン 基本変種のvar. silerifolius である。小型で花茎が細長いことが多く、斜上毛が多い。痩果はキツネノボタンと同じ。キツネノボタンにも毛の多いものがあり、キツネノボタンを含め、広義のキツネノボタンとする見解もある。狭義のヤマキツネノボタンは花期が遅く、花弁も小さい。
 ケキツネノボタン Ranunculus cantoniensis は全体に開出毛や伏毛が多く、葉の幅がやや狭く、切れ込みが深く、鋸歯が尖る。痩果は明瞭な扁平で、3稜があり、刺の先がそれほど曲がらない。しかし、ケキツネノボタンにも開出毛が少なく、果実の刺が曲がるものもあるので、伏毛の有無や葉形、痩果など全体で判別する。
 外来のトゲミノキツネノボタンは全体にほとんど無毛、鋸歯が欠刻状で、痩果の両面に軟弱な刺状突起を散生する。
[花期] 4~7月
[草丈] 30~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 田のあぜ、湿地
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、台湾
[撮影] 幡豆町 11.5.18
TOP Back