トゲミノキツネノボタン  刺実の狐の牡丹
[別名] トゲミキンポウゲ
[中国名] 刺果毛茛 ci guo mao gen
[英名] spinyfruit buttercup, bur buttercup
[学名] Ranunculus muricatus L.
キンポウゲ科 Ranunculaceae  キンポウゲ属
三河の植物観察
トゲミノキツネノボタンの花
トゲミノキツネノボタンの花
トゲミノキツネノボタンの花3
トゲミノキツネノボタンの花弁
トゲミノキツネノボタンの集合果
トゲミノキツネノボタンの果実
トゲミノキツネノボタンの茎
トゲミノキツネノボタン
トゲミノキツネノボタン2
トゲミノキツネノボタン葉
トゲミノキツネノボタン葉2
 和名は果実に刺があることから。世界の分布域も広く、世界に広く帰化している。田原市では以前から確認されているが、増加していると思われる。繁殖力が強く、5㎝ほどの小さな草にも花や実がつく。
 茎は中空、断面がやや扁平な円筒形、ほぼ無毛、分枝して斜上する。葉は単葉、互生し、長さ1.6~5.5㎝、幅1.8~4.2㎝のほぼ円形、浅~中に3裂し、鋸歯縁、無毛~わずかに有毛。葉柄は長さ3.4~12㎝、茎の上部では短く、基部は鞘状になり、長毛が散生する。花は葉腋に単生し、直径10~16㎜。花柄は長さ1~3㎝、無毛又はわずかに毛がある。萼片5個、長さ5~6㎜、狭卵形、長い軟毛がまばらにある。花弁は黄色、5個、長さ3~8㎜の狭倒卵形、先が円く、基部に花弁と同色の鱗片で覆われた蜜腺がある。花弁の先の表面の2/3ほどに塗料を塗ったような光沢がある。雄しべは多数、先がへら形。雌しべ多数。コンペイトウのような集合果は直径約12㎜。痩果は長さ4~5㎜、両側面に刺があり、先端に残存する花柱の先は鉤状にはならない。2n=48
 キツネノボタンは葉が3出複葉、葉先や鋸歯があまり尖らない。痩果の表面に刺はなく、稜がなく、残存する花柱の先が鉤状に曲がる。
 ケキツネノボタンはキツネノボタンに似て毛が多く、痩果の縁に稜があり、残存する花柱の先が鉤状に曲がらない。
[花期] 4~6月
[草丈] 5~28㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 畑地、道端、草地
[分布] 帰化種 アフリカ、西アジア、ヨーロッパ原産
[撮影] 田原市 13.4.15
TOP Back