キク  菊
[別名] イエギク(家菊)
[中国名] 菊花 ju hua
[英名] florist's chrysanthemum , mum , florist's daisy
[学名] Chrysanthemum × morifolium Ramat.
Chrysanthemum × grandiflorum Kitam
キク科 Asteraceae (Compositae)  キク属
三河の植物観察
キク花
キク総苞
キク雌しべ
キク雄しべ
キク花ースプーン咲き
キク葉裏の毛と腺点
キク茎
キク茎2
キク
ノキク舌状花、筒状花
キク葉表
キク葉裏
キク花2
キク花3
 日本に自生するキク属は多く、ノジギク、リュウノウギク、キクタニギク、シマカンギクなどがある。また、ノコンギクなどシオン属のものもノギクなどと呼ばれている。一方、栽培されるキクはイエギクとともいわれ、奈良時代頃に中国から日本に渡来し、観賞用に日本で広く栽培され、江戸時代に多くの品種が作り出された。菊は原種が不明の中国原産の非常に多くのハイブリッドの複合体であり、多世紀を超えて発展したものであり、中国では1630年に500種以上の栽培種が確認され、日本では1700年代の初めに500種近くの品種があった。今日では世界で約2万種の栽培品種があるといわれている。初期の親種はシマカンギク Chrysanthemum indicumであるが、他の血統は、今ではあいまいである。最近の丈夫な系統はチョウセンノギク(Korean chrysanthemums)のC. zawadskiiを含む系統である。この複合体は C. grandiflorum とされたが、有効とはされず、最も一般的な学名はC. morifolium Ramatuelleである。しかし、これは不正確であり、確立されたものではなく、この複合体の最も満足出来る学名を確立するために、さらに研究が必要であるとされている。。いずれにしろ、重要な園芸植物であるため、多数のsynonymがある。
 キク属の特徴は①総苞片が乾膜質、②花柱の先が切形、③冠毛が無い、などである。茎にも白毛が多い。葉の裏には丁字状毛(両端が尖り、中間に着点がある伏毛)又は毛(普通の底着毛)が密生し、腺点が多い。葉表にも腺点がある。筒状花の花冠に腺点がある。
 シマカンギク Chrysanthemum indicum は本州(近畿地方以南)、九州、朝鮮、中国、台湾、ロシア、インド、ブータンに分布する。中国では野菊、台湾では油菊といわれる。多年草、高さ0.25~1m、根茎は長く又は短く、平伏する。茎は直立又は広がり、分枝し、まばらに軟毛がある。下部の葉は花時に枯れる。中間の茎葉は葉柄が長さ1~2㎝。葉身は卵形~長い卵形~楕円状卵形、長さ3~7(~10)㎝×幅2~4(~7)㎝、両面とも淡緑色又はオリーブ色、まばらに毛があり又は下面はより少なく、羽状中裂~羽状浅裂~不明瞭に分裂し、基部は切形~やや心形~広楔形。複合花序は緩い、頂生の、頭部が平らな集散花序。頭花は多数又は少数。総苞片は5列、縁が広く薄膜質、白色又は褐色、先は鈍形又は円形、外総苞片は卵形又は卵状三角形、長さ2.5~3㎜。中間の総苞片は卵形、長さ6~8㎜。内総苞片は楕円形、長さ約1.1㎝。周辺小花の花弁は黄色、長さ1~1.3㎝、咲きは全縁又は3歯。痩果は長さ1.5~1.8㎝。花期と果期は6~11月。 2n = 18, 35-38, 36, 40, 54.。
[花期] (5~)10~11(12)月
[草丈] 20~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種  中国原産
[撮影] 幸田町  09.10.22

  キク属

  Family: Asteraceae - genus Chrysanthemum

 亜低木又は多年草。毛は無いか又は底着毛又は丁字毛(中着毛)。葉は互生、羽状又は掌状分裂、鋸歯縁又はまれに全縁。合成花序は緩い不規則な頂生する集散花序、しばしば1個の頭状花序になる。頭状花序は異性花をもち、放射状、緩い散房花序又は単生。総苞は杯形、まれに鐘形。総苞片は4又は5列、 薄膜状の縁は白色~褐色~暗褐色、外総苞片と中間の総苞片は草質、羽状浅裂又は 羽状中裂。花托は凸状~円錐形、パレアが無い。周辺小花は雌性、1列又は多列(栽培種)。小舌は黄色、白色、又は赤色。中心小花は多数、両性、稔性、花冠は黄色、筒形、5裂。葯は基部が鈍形、先の付属体は披針状卵形又は狭楕円形。痩果は類円柱形又は倒卵形、かすかに5~8うねがある。冠毛は無い。
 世界に37種があり、ほとんどがアジアの温帯域に分布する。


 キク属 の主な種と園芸品種

 1  Chrysanthemum arcticum L.  アキノコハマギク 広義
    synonym Arctanthemum arcticum (Linnaeus) Tzvelev   [Flora of North America]
  Fllora of ChinaではChrysanthemumとしているが、Arctanthemum属ともされる。
 日本、中国、ロシア、北アメリカ原産。中国名は北极菊 bei ji ju
 1-1 Chrysanthemum arcticum L. subsp. arcticum  アキノコハマギク 秋の小浜菊
    synonym Arctanthemum arcticum (Linnaeus) Tzvelev subsp. arcticum
  日本、ロシア、アラスカ原産。英名はarctic daisy
 1-2 Chrysanthemum arcticum L. subsp. yezoense (Maek.) H.Ohashi et Yonek. チシマコハマギク
    synonym Chrysanthemum arcticum L. var. yezoense Maek.
 1-3 Chrysanthemum arcticum subsp. polare Hulten
    synonym Arctanthemum arcticum (Linnaeus) Tzvelev subsp. polare (Hulten) Tzvelev
  カナダ、北極ロシア、アラスカ原産。英名はPolar daisy

 2  Chrysanthemum arisanense Hayata  アリサンアブラギク
    synonym Dendranthema arisanense (Hayata) Y. Ling & C. Shih.
 台湾原産。阿里山菊 a li shan ju 。
 3  Chrysanthemum coreanum (H.Lev. et Vaniot) Nakai  タンナイワギク
    synonym Chrysanthemum zawadskii Herbich subsp. coreanum (H.Lev. et Vaniot) Y.N.Lee
 韓国原産。英名はKorean chrysanthemun
 4  Chrysanthemum crassum (Kitam.) Kitam.  オオシマノジギク
    synonym Chrysanthemum japonense (Makino) Nakai var. crassum Kitam.
    synonym Chrysanthemum ornatum Hemsl. var. crassum (Kitam.) Kitam.
 日本(屋久島、奄美諸島)原産。花は淡黄色。
 5  Chrysanthemum horaimontanum Masam.  ホウライギク
 台湾原産。中国名は蓬莱油菊 peng lai you ju 。
 6  Chrysanthemum indicum L.  シマカンギク 島寒菊
    synonym Chrysanthemum boreale (Makino) Makino var. okiense (Kitam.) Okuyama
    synonym Chrysanthemum okiense Kitam.  シマカンギク
 日本、朝鮮、中国、台湾、ロシア、インド、ブータン、ネパール、ウズベキスタン原産。中国名は野菊 ye ju 。
 多年草、高さ0.25~1m、根茎は長く又は短く、平伏する。茎は直立又は広がり、分枝し、まばらに軟毛がある。下部の葉は花時に枯れる。中間の茎葉は葉柄が長さ1~2㎝。葉身は卵形~長い卵形~楕円状卵形、長さ3~7(~10)㎝×幅2~4(~7)㎝、両面とも淡緑色又はオリーブ色、まばらに毛があり又は下面はより少なく、羽状中裂~羽状浅裂~不明瞭に分裂し、基部は切形~やや心形~広楔形。複合花序は緩い、頂生の、頭部が平らな集散花序。頭花は多数又は少数。総苞片は5列、縁が広く薄膜質、白色又は褐色、先は鈍形又は円形、外総苞片は卵形又は卵状三角形、長さ2.5~3㎜。中間の総苞片は卵形、長さ6~8㎜。内総苞片は楕円形、長さ約1.1㎝。周辺小花の花弁は黄色、長さ1~1.3㎝、咲きは全縁又は3歯。痩果は長さ1.5~1.8㎝。花期と果期は6~11月。 2n = 18, 35-38, 36, 40, 54.。
品種) 'Louis Germ White' , Picnic = 'Zanmupicnic' , 'Zanmupicnic'
 6-1 Chrysanthemum indicum L. 'Hibernum'  カンギク 寒菊
 6-2 Chrysanthemum indicum L. f. lactiflorum Hiyama  シロシマカンギク
 6-3 Chrysanthemum indicum L. var. acutum Uyeki  ハイシマカンギク
    synonym Chrysanthemum indicum L. var. procumbens sensu Nakai, excl. basion.
 6-4 Chrysanthemum indicum L. var. iyoense Kitam.  イヨアブラギク
 6-5 Chrysanthemum indicum L. var. iyoense Kitam. f. album T.Yamanaka  シロイヨアブラギク
 6-6 Chrysanthemum indicum L. var. maruyamanum Kitam.  オッタチカンギク
 6-7 Chrysanthemum indicum L. var. tsurugisanense Kitam.  ツルギカンギク

 7  Chrysanthemum japonense (Makino) Nakai  ノジギク
    synonym Chrysanthemum morifolium Ramat. var. spontaneum (Makino) Makino
    synonym Chrysanthemum ornatum Hemsl. var. spontaneum (Makino) Kitam. f. debile (Kitam.) Kitam.
    synonym Chrysanthemum ornatum Hemsl. var. spontaneum (Makino) Kitam.
    synonym Chrysanthemum morifolium Ramat. f. japonense Makino
    synonym Chrysanthemum japonense (Makino) Nakai var. debile Kitam.
 7-1 Onychium japonicum var. japonicum
    日本、中国、台湾、タイ、オセアニア原産。中国名は野雉尾金粉蕨 ye zhi wei jin fen jue。
 7-2 Chrysanthemum japonense (Makino) Nakai var. ashizuriense Kitam.  アシズリノジギク
    synonym Chrysanthemum ornatum Hemsl. var. ashizuriense (Kitam.) Kitam.
   四国(高知県足摺岬~愛媛県佐多岬)に自生。
 7-3 Onychium japonicum var. lucidum (D. Don) Christ
   中国、インド、ブータン、ネパール、パキスタン、ミャンマー、ベトナム原産。
   中国名は栗柄金粉蕨 li bing jin fen jue

 8  Chrysanthemum kinokuniense (Shimot. et Kitam.) H.Ohashi et Yonek.  キノクニシオギク
    synonym Chrysanthemum shiwogiku Kitam. var. kinokuniense Shimot. et Kitam.
 日本(紀伊半島)原産。最近の研究ではシオギク(2n=72)とイソギク (2n=90)の雑種を起源とすると推定されている。両者の中間の形質を持つ。2n=72,90
 9  Chrysanthemum lavandulifolium (Fisch. ex Trautv.) Makino  ホソバアブラギク
 日本、朝鮮、中国、モンゴル、インド原産。中国名は甘菊 gan ju 。
 9-1 Chrysanthemum lavandulifolium (Fisch. ex Trautv.) Makino var. tomentellum Hand.-Mazz.  シンチクアブラギク
  中国、台湾原産。毛叶甘菊 mao ye gan ju
 9-2 Chrysanthemum lavandulifolium var. discoideum Handel-Mazzetti
  中国原産。中国名は隐舌甘菊 yin she gan ju
 10  Chrysanthemum lucidum Nakai  テリハギク
    synonym Chrysanthemum zawadskii Herbich subsp. lucidum (Nakai) Y.N.Lee
    synonym Chrysanthemum zawadskii Herbich var. lucidum (Nakai) T.B.Lee
 韓国(鬱陵島)固有種。

 11  Chrysanthemum makinoi Matsum. et Nakai リュウノウギク
    synonym Chrysanthemum japonicola Makino
 12  Chrysanthemum × morifolium Ramat.  キク 菊
    synonym Anthemis grandiflora Ramat.
    synonym Anthemis stipulacea Moench
    synonym Chrysanthemum sinense Sabine
    synonym Chrysanthemum stipulaceum (Moench) W. Wight
    synonym Chrysanthemum ×grandiflorum hort.
    synonym Dendranthema ×grandiflorum (Ramat.) Kitam.
    synonym Dendranthema ×morifolium (Ramat.) Tzvelev
    synonym Matricaria morifolia Ramat.
 栽培種。英名はchrysanthemum , florist's chrysanthemum , mum , florist's daisy 。中国名は杭菊 、花菊。
 多年草、高さ30~90(~100)㎝。茎は直立又は斜上、ときに平伏、まばらに分枝する。葉は細かい毛で覆われ、オリーブ緑色。葉柄は長さ1~2㎝。葉身は卵形~長楕円形、長さ4~10㎝×幅3~5㎝、深く分裂する。葉の基部は切形~類心形。花は単生(ときに疎な散房花序につき)、クリーム黄色。
 菊[florists’ chrysanthemum, 菊花 (ju hua)]は中国原産の非常に多くのハイブリッド複合体であり、多世紀を超えて発展したものであり(中国で1630年に500種以上の栽培種がリストアップされた)、今日では多数の観賞用の栽培種がある。初期の親種はChrysanthemum indicumであるが、他の血統は、今ではあいまいである。最近の丈夫な"Korean chrysanthemums"は系統にC. zawadskiiを含む。この複合体は最も広範囲に "C. grandiflorum"(Broussonet, Elench. Horti Bot. Monspel. 15. 1805、おそらく、Anthemis grandiflora Ramatuelle, J. Hist. Nat. 2: 233. 1792に基づいている)として知られている。しかし、 Broussonetの名は裸名(nomen nudum)であり、Ramatuelleの名に言及せず、もし、それが有効に公表されたなら、C. grandiflorum (Desfontaines) Dumont de Courset (Bot. Cult. 2: 467. 1802)の同音異義語になっていただろう。最も一般的な代替え名はC. morifolium Ramatuelle (loc. cit.: 240)であるが、これは不確かな状況と同一性である。それゆえ、複合体の最も満足出来る学名を確立するためのさらに研究が必要である。重要な園芸植物であるため、次のような多数の同義語がある。 A. apiifolia R. Brown , A. artemisiifolia Willdenow, A. stipulacea Moench , C. hortorum L. H. Bailey , C. morifolium var. gracile Hemsley , C. sinense Sabine , C. sinense var. hortense Makino ex Matsumura , C. stipulaceum (Moench) W. Wight , Dendranthema grandiflorum (Ramatuelle) Kitamura , D. morifolium (Ramatuelle) Tzvelev , D. sinense (Sabine) Des Moulins , Matricaria morifolia Ramatuelle.
品種) 'Alberta' , 'Ashley' , 'Autumn Glory' , Avalon Orange , Babette Yellow , 'Barbara' , 'Batik' , 'Bedazzled Bronze' , Bertha White , Bethany , 'Blazing Orange' , Brandi™ , Brav , Bravo , Brittany Yellow , 'Butter N' Cream' , 'Buttercup Yellow' , 'Carpino' , Casper , Chelsey™ Coral , Chelsey™ Pink , Chelsey™ White , Chelsey™ Yellow , Cheryl™ Regal Purple , 'Chidori' , China Doll , 'Corinna' , Currant Mistique , Danielle™ Purple , Danielle™ Red , 'Dark Pink Daisy' , Dark Triumph , 'Daymark' , 'Dazzling Stacy' , 'Donna' , 'Donna Yellow' , Echo Bronze , Edith White , 'Edo 16' , 'Elena' , Emelda Purple , 'Emma' , Emporia Orange , Flamingo Pink , 'Flashy Gretchen , Fleurettes Adelle™ , 'Fukayama' , Gansu Yellow , 'Garnet King' , Genevieve™ Purple Bicolor , 'Gethsemane Moonlight' , Gigi™ Dark Pink , Gigi™ Orange , Ginger , 'Gold Riot' , Golden Marilyn™ , Golden Pueblo , 'Golden Splendor' , 'Golden Spotlight' , 'Grandeur' , 'Grandeur' , Grandeur Yellow , Grandview™ Light Pink , Grenadine , Gretchen , 'Gwendolyn' , Hailey Orange , 'Harvest Emily' , Hilo Fuchsia , 'Honey Emily' , 'Hot Salsa' , 'Jacqueline' , Jacqueline™ Pink Improved , Jacqueline™ Yellow Improved , Janice™ Gold , 'Jeftail' , Kathleen™ Dark Red , 'Kenbu' , 'Key Lime' , LaPorte Improved , Lemon Springs , 'Lemonsota' , 'Lemonsota' , Limerick Lime , Linda , Makayla Yellow , Makenna™ Orange , Makenzie White , Mammoth™ Daisy Dark Bronze , Mammoth™ Dark Pink Daisy , Mammoth™ Lavender Daisy , Mammoth™ Red Daisy , Mammoth™ Twilight Pink Daisy , Mammoth™ White , Mammoth™ Yellow Quill , Marilyn , Marjean Coral , 'Meridian White' , Mildred Yellow , 'Mindy' , Mistique , 'Moonbeam' , Newport Bronze , 'Old Purple' , Olga Yellow , 'Orange Zest' , Outrageous Red , Patty Purple , Petaluma White , 'Pink Gigi' , Pittsburgh Purple , 'Plumberry Purple' , 'Ppp Sor06' , Pueblo Yellow , Purple Springs , Raquel , Red Springs , Regal Irvine , Regina , Rimna , Sabine Bronze , Sand Point™ Purple Bicolor , 'Shamrock' , Shanghai Red , Sharon™ Dark Pink , Shasta Improved , 'Showers' , 'Snowsota' , 'Sonali' , Sparkle White , Spicy Cheryl , 'St. Tropez' , Starling Pink , Sundoro , 'Sunny Gretchen' , Sunny Mistique , 'Sunset Orange' , Susan Coral Pink , Sweet Stacy™ , Sylvie White Improved , TigertailR , 'Tsukomo' , 'Tsuribito' , Vancouver White , Vicki , 'Wanda Lavender' , Wanda Purple , Wanda Red , 'White Gigi' , White Mistique , 'Zinfandel'

 13  Chrysanthemum morii Hayata  モリギク
 台湾原産。中国名は森氏菊 sen shi ju 。
 14  Chrysanthemum ornatum Hemsl.  サツマノギク
 日本(熊本県、」鹿児島県、屋久島)固有種。
 14-1 Chrysanthemum ornatum Hemsl. var. tokarense (M.Hotta et Y.Hirai) H.Ohashi et Yonek.  トカラノギク
 15  Chrysanthemum pacificum Nakai イソギク
    synonym Chrysanthemum marginatum Matsum., excl. syn.
 16  Chrysanthemum pallasianum (Fisch. ex Besser) Kom.  オオイワインチン
    synonym Chrysanthemum togakushiense Kitag. et Nagami
 日本(富山県、長野県、群馬県)、朝鮮、ロシア原産。
 17  Chrysanthemum rupestre Matsum. et Koidz.  イワインチン
    synonym Chrysanthemum pallasianum (Fisch. ex Besser) Kom. var. japonicum (Franch. et Sav.) Matsum.
 日本(東北地方南部~北・南アルプス)固有種。
 18  Chrysanthemum seticuspe (Maxim.) Hand.-Mazz.  キクタニギク 広義
    synonym  Dendranthema lavandulifolium var. seticuspe (Maxim.) C.Shih
 本州(関東地方、長野県、近畿地方)、四国、九州、朝鮮、中国に分布する。
  在来種と中国、韓国からの外来種が日本に分布する。現在では Dendranthema lavandulifoliumの変種とされる。和名は京都府菊谷の地名にちなむ。
 葉は切れ込みが深く、葉質が薄く、両面に細毛がある。小さな黄色の頭花が密集してつき、別名アワコガネギクともいう。頭花は直径1~1.5㎝。舌状花は多数。小舌は長さ5~7.5㎜。総苞は直径5~7㎜。総苞外片は幅が狭い。最近、各地の道路の法面工事跡などで外来種が見られる。2n=18。

 18-1 Chrysanthemum seticuspe (Maxim.) Hand.-Mazz. f. boreale (Makino) H.Ohashi et Yonek.  キクタニギク
    synonym Chrysanthemum seticuspe (Maxim.) Hand.-Mazz. var. boreale (Makino) Hand.-Mazz.
    synonym Chrysanthemum boreale (Makino) Makino
    synonym Dendranthema lavandulifolium var. seticuspe (Maxim.) C.Shih
 18-2 Chrysanthemum seticuspe (Maxim.) Hand.-Mazz. f. seticuspe  カモメギク
 19  Chrysanthemum shiwogiku Kitam.  シオギク
    synonym Chrysanthemum decaisneanum Matsum., excl. syn.
 日本(四国)原産。よく似るイソギクに比べ、頭花が少なく、やや大きい。花柄が長い。
 20  Chrysanthemum wakasaense Shimot. ex Kitam.  ワカサハマギク
    synonym Chrysanthemum makinoi Matsum. et Nakai var. wakasaense (Shimot. ex Kitam.) Kitam.
 日本(鳥取県~福井県の日本海沿岸地域)固有種。リュウノウギクの変種ともされる。2n=36。
 21  Chrysanthemum weyrichii (Maxim.) Miyabe et T.Miyake  ピレオギク
    synonym Chrysanthemum weyrichii (Maxim.) Miyabe et T.Miyake var. littorale (Maek.) Kudo
    synonym Chrysanthemum littorale Maek.
 北海道(日本海側)、サハリン原産。別名は エゾノソナレギク(蝦夷の磯馴菊)、チシマソナレギク(千島磯馴菊)。
品種) 'Apricot' , 'Pink Bomb' , 'White Bomb'
 22  Chrysanthemum yezoense Maek.  コハマギク
    synonym Chrysanthemum arcticum L. subsp. maekawanum Kitam
 日本(関東北部~北海道の太平洋側、青森県)原産。
品種) 'Roseum'
 23  Chrysanthemum yoshinaganthum Makino ex Kitam.  ナカガワノギク
 日本(徳島県那賀川流域)固有種。2n=36の4倍体。
 24  Chrysanthemum zawadskii Herbich  イワギク 広義
 日本、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア、ヨーロッパ原産。中国名は紫花野菊 zi hua ye ju
品種) 'Pink Bomb'

 24-1 Chrysanthemum zawadskii Herbich subsp. zawadskii  シベリアノギク
    synonym Chrysanthemum sibiricum Fisch. ex Turcz. var. koreanomontanum Nakai

 24-2 Chrysanthemum zawadskii Herbich subsp. latilobum (Maxim.) Kitag.  マンシュウイワギク
Chrysanthemum chanetii H.Lev.  マンシュウイワギク synonym
    synonym Chrysanthemum zawadskii Herbich subsp. erubescens (Stapf) Kitag.
    synonym Chrysanthemum sibiricum Fisch. ex Turcz. var. latilobum (Maxim.) Kom.(チョウセンノギク)
 24-2-1 Chrysanthemum zawadskii Herbich subsp. latilobum (Maxim.) Kitag. f. campanulatum (Makino) Kitag.  オグラギク
    synonym Chrysanthemum zawadskii Herbich var. campanulatum (Makino) Kitam.
 24-2-2 Chrysanthemum zawadskii Herbich subsp. latilobum (Maxim.) Kitag. f. molle (Uyeki) Kitag.  シラゲチョウセンノギク
 24-3 Chrysanthemum zawadskii Herbich subsp. naktongense (Nakai) Y.N.Lee  チョウセンノギク
    synonym Chrysanthemum naktongense Nakai
    synonym Chrysanthemum zawadskii Herbich var. latilobum sensu Kitam.
    synonym Chrysanthemum sibiricum auct. non Fisch. ex Turcz.
    synonym Chrysanthemum sibiricum Fisch. ex Turcz. var. koreanum Nakai
 24-3-1 Chrysanthemum zawadskii Herbich subsp. naktongense (Nakai) Y.N.Lee var. alpinum (Nakai) Kitam.  チョウセンイワギク
    synonym Chrysanthemum sichotense (Tzvelev) Vorosch.
    synonym Chrysanthemum zawadskii Herbich var. acutilobum (DC.) Sealy f. alpinum (Nakai) Kitag.
    synonym Chrysanthemum oreastrum Hance
    synonym Chrysanthemum sibiricum Fisch. ex Turcz. var. alpinum Nakai
 24-3-2 Chrysanthemum zawadskii Herbich subsp. naktongense (Nakai) Y.N.Lee var. dissectum (Y.Ling) Kitag.  イワギク
    synonym Chrysanthemum coreanum (H.Lev. et Vaniot) Nakai subsp. maximowiczii (Kom.) Vorosch.
    synonym Chrysanthemum zawadskii Herbich var. tenuisectum Nakai ex Kitag.
    synonym Chrysanthemum zawadskii Herbich subsp. latilobum (Maxim.) Kitag. var. dissectum (Y.Ling) Kitag. f. tenuisectum (Nakai ex Kitag.) Kitag.
    synonym Chrysanthemum zawadskii Herbich subsp. acutilobum sensu Kitag.
    synonym Chrysanthemum sibiricum auct. non Fisch. ex Turcz.
    synonym Chrysanthemum maximowiczii Kom.

 25  Chrysanthemum indicum L. x C. ornatum Hemsl.  サツマシマカンギク
 26  Chrysanthemum x aphrodite Kitam.  サンインギク
    synonym Chrysanthemum indicum L. var. aphrodite (Kitam.) Kitam.
    synonym Chrysanthemum indicum L. var. albescens Makino 
    synonym Chrysanthemum indicum L. subsp. aphrodite (Kitam.) Kitam.
 シマカンギク(Chrysanthemum indicum)とキク(Chrysanthemum × morifolium)の交雑種
 27  Chrysanthemum x cuneifolium Kitam.  ワジキギク
 シマカンギク(C. indicum)とナカガワノギク(C. yoshinaganthum)の交雑種
 28  Chrysanthemum x konoanum Makino  トガクシギク
 リュウノウギク(C. makinoi)とイワインチン(C. rupestre)の交雑種
 29  Chrysanthemum x leucanthum (Makino) Makino  シロバナアブラギク
    synonym Chrysanthemum lavandulaefolium var. beta. leucanthum Makino in B. M. T.
 リュウノウギク(C. makinoi)とキクタニギク(C. seticuspe)の交雑種
 30  Chrysanthemum x marginatum (Miq.) Matsum.  ハナイソギク
    synonym Chrysanthemum x decaisneanum (Maxim.) Matsum.
    synonym Chrysanthemum shiwogiku Kitam. var. ugoense H.Hara et K.Mori
    synonym Pyrethrum marginatum Miq.
 キク(C. × morifolium)とイソギク(C. pacificum) の交雑種
 31  Chrysanthemum x miyatojimense Kitam.  ミヤトジマギク
 キク(C. × morifolium) と コハマギク (C. yezoense)の交雑種

 32  Chrysanthemum x ogawae Kitam.  ヒノミサキギク
 シマカンギク(C. indicum)×キノクニシオギク(C. kinokuniense)
 32  Chrysanthemum × rubellum Sealy
 英名はHardy Chrysanthemum
品種) 'Autumn Bronze' , 'Cambodian Queen' , 'Clara Curtis' , 'Duchess of Edinburgh' , 'Emperor of China' , 'Mary Stoker' , 'Mattock's Double' , 'Mrs Jessie Cooper'

 33  Chrysanthemum x shimotomaii Makino  ニジガハマギク
 サンインギク(C. × aphrodite) x ノジギク(C. japonense)

 34  Chrysanthemum x todaiense H.Ohashi et Yonek.  リュウノウイワインチイン
 リュウノウギク(C. makinoi)とイワインチン(C. rupestre )の交雑種

 34  その他ハイブリッド園芸品種
 非常に多くの品種があり、2万種以上あるといわれている
AGM品種) 'Action Yellow' (22) , 'Allouise' (25b) , 'Angelic' (21b) , 'Aunt Millicent' (21d) , 'Beacon' (5a) , 'Brietner' (24b) , 'Bronze Elegance' (21b) , 'Bronze Enbee Wedding' (29d) , 'Bronze Margaret' (29c) , 'Bronze Mayford Perfection' (5a) , 'Bronze Talbot Parade' (29c) , 'Brown Eyes' (21b) , 'Carmine Blush' (21d) , 'Cassandra' (5b) , 'Dee Gem' (29c) , 'Dulwich Pink' (21d) , 'Enbee Wedding' (29d) , 'Foxtrot' (PBR) , 'Gold Enbee Wedding' (29d) , 'Gold Mundial' (6b) , 'Golden Mayford Perfection' (5a) , 'Goodlife Sombrero' (29a) , 'Grandchild' (21c) , 'Hesketh Knight' (5b) , Holly = 'Yoholly' (22b) , 'Imp' (21e) , Linda = 'Lindayo' (22c) , 'Little Dorrit' (21f) , Lynn = 'Yolynn' (22c) , 'Margaret'(29c) , 'Mauve Gem' (21f) , 'Max Riley' (23b) , 'Max Riley' (23b) , 'May Shoesmith' (5a) , 'Mayford Perfection' (5a) , 'Mei-kyo' (28b) , 'Moulin Rouge' (PBR) (22b) , 'Myss Carol' (29c) , 'Myss Saffron' (29c) , 'Nantyderry Sunshine' (28b) , Nicole = 'Yonicole' (22c) , 'Peach Enbee Wedding' (29d) , 'Pennine Flute' (29f) , 'Pennine Marie' (29a) , 'Pennine Oriel' (29a) , 'Pennine Sweetheart' (29c) , 'Perry's Peach' (21d) , 'Pink Margaret' (29c) , 'Primrose Allouise' (24b) , 'Primrose Enbee Wedding' (29d) , 'Red Wendy' (29c) , 'Robeam'(9c) , 'Ruby Enbee Wedding' (29d) , 'Ruby Mound' (21c) , 'Ruby Raynor' (21c) , 'Salmon Enbee Wedding' (29d) , 'Salmon Talbot Parade' (29c) , 'Sea Urchin' (21f) , 'Starlet' (21f) , 'Syllabub' (21f) , 'Talbot Parade' (29c) , 'Topsy'(21d) , 'White Allouise' (25b) , 'White Margaret' (29c) , 'Yellow American Beauty' (5b) , 'Yellow Heide' (29c) , 'Yellow Starlet' (21f)


 キクの栽培

 日本には法で定めた国花は無いが、菊が皇室の紋として使われ、パスポートの表紙や紙幣などにも菊花紋章をデザイン化したものが使われ、一般的には菊が日本を表徴する花として用いられている。また、桜は国民に最も愛好され、日本を代表する花の一つであり、日本の国家は菊と桜といわれている。
 菊は中国原産であり、中国で薬用やお茶用に古くから栽培され、現在では自生種の不明な栽培種Chrysanthemum × morifoliumとされている。日本へは栽培品種が奈良時代頃に薬用として渡来したと推定されている。その後、貴族の観賞用として栽培されるようになり、菊を詠んだ句が多く登場している。安土桃山時代から江戸時代にかけては武家や上流階級の間で栽培が盛んになり、菊栽培がブームになったのは江戸時代(1600年~1868年)であり、武家や商家だけでなく、庶民にも菊の花の観賞や菊栽培が広がり、多くの品種が生み出された。最初の江戸のキクのブームは正徳年間(1711~1716年)であり、この頃には500種近い品種に増えていたようである。文化文政期(1804〜1830 年)には江戸菊会も開催されるようになり、現在、江戸菊と呼ばれる花弁が変化する狂い咲きと呼ばれる中輪が流行した。菊を使って、人物、動物、富士山などを造形する菊細工は1811~1812年(文化8~9年)頃に始まり、文化13年には一旦廃れるが、弘化元年(1844)から再び、盛んになる。菊細工を基に発展した菊人形は嘉永年間以降に造られるようになった。江戸時代末期(1860)には日本から品種改良された菊がイギリスへと渡り、アメリカと西ヨーロッパでも菊の花が流行し、スプレー菊などとして独自の発展を遂げている。日本の品種を「和菊」、欧米の品種を「洋菊」といいい、大別している。
 食用菊は料理菊ともいわれ、サシミのつまとされる小菊と花を食べられるものがあり、いずれも日本で江戸時代に発展したものである。品種は約80種。中国では薬用、菊花茶として栽培されるものが多く、3000品種以上あるといわれている。
 現在では菊の品種は世界に2万種以上あるのではないかといわれている。

 【江戸時代の菊に関する図書】
1639年(中国 崇禎12)『菊詩百篇』(中国明時代、徳善斉著)中国のキクの栽培書
1664年(寛文4)水野勝元著日本最初の花の園芸書『花壇綱目』 浜菊、野菊の栽培法、菊銘80種
1686年(貞享3)『菊譜百 詠図』『菊詩百篇』を改題したもの。
     キク100品種の図と七言絶句調の解説文、並びに栽培手引と用具図
1691年(元禄4)『画菊』 潤甫原画 1519年 (永正16) に描かれた100品種の図と花銘に詩を添えたもの
1695年(元禄8)江戸第一の植木屋伊藤伊兵衛『花壇地錦抄』 菊250品種が記載。
1713年(正徳3)の『当世後の花』霽月堂丈竹著 現在の花形がほとんど全部載せられている。
   この頃菊栽培が盛んになる。正徳(1711~1716年)が最初の江戸のキクのブーム。
1713年(正徳3)菊花形品定 田辺彦兵衛
1714年(正徳4)志水閑事の『花壇養菊集』
   当時に人気のあった菊の花形を紹介
   一年を通じた菊の栽培、移植方法、栽培具などが詳細に記されている。
1715年(正徳5)菊花檀養種(きくかだんやしないぐさ) 志水閑事 
1717年(享保2)花壇菊花大全 養樹軒雲峰 
    菊栽培の方法、花形、花色などについて
    『丸山菊大会』享保2年、丸山也阿弥で143人が参加し、合計380種の菊を展示した
1719年(享保4)『京新菊名花惣苗割帳』板元谷口七左衛門 菊の品種475種のカタログ
   最も高価な品種は大花 '蔑方界'、金7両
1723年(享保8)大坂の樹木屋治兵衛 『新菊苗割代附帳』
    全114種の菊が紹介され、「北極山」という品種が3両2分の値をつけた
1845年(弘化3) 『菊の寿道しるべ』英橘画
1846年(弘化3)菊花壇養種 菅井菊叟
1846年(弘化3)『菊之番附道順独案内』

【和菊の主な種類】
 古典菊 江戸時代に作り出された品種
江戸菊(正菊) 中輪、狂い咲き、花弁が変化
嵯峨菊 細い花弁が直立
伊勢菊 中輪、細い花弁が縮れる
松坂菊 大輪、細い花弁が縮れる
美濃菊 八重咲き大輪広い舟底弁の3~4重の半八重
肥後菊 大輪、一重咲き、花弁の間に隙間が見える

【仕立て方】
 1  輪菊(りんぎく)(スタンダードタイプ):蕾を摘み一本の茎に一輪の花を咲かせる。脇芽をかいて仕立てるため英語ではgrown as a disbudという。
 品種) 白馬(ホワイト系) ・富士(ホワイト系) ・秋風(イエロー系)  ・瞬き(イエロー系) ・紅風(レッド系)  ・友禅(レッド系) など
 1-1 一本仕立て:一鉢に1本の茎を伸ばし一花だけを咲かせ
 1-2 三本仕立て:盆養とも言い、大菊の最も基本的な仕立て方。
  1本の苗を摘芯して3本の枝を伸ばし、後の1輪を花の2/3位高く、前の2輪は同じ高さにする。
  三つの花を同時に、 同じ大きさに揃えて咲かせる。
 1-3 七本仕立て:1本の苗を2回摘芯して七本の枝を伸ばし仕立てる。
 1-4 千輪作り:1本の苗を摘芯を何度もくり返して枝数をふやし、半球形になるように仕立てる。
     300輪程度が普通で、2年がかりで2000輪以上咲かせる技術も確立されている。
 1-5 だるま作り:草丈を60㎝以内とした小型の三本仕立て
 1-6 福助作り:草丈を40㎝以内とした小型の一本仕立て
 2  花壇菊:花壇に菊を寄せて植える
 12鉢花壇:三本仕立ての赤白黄各4鉢、12種類の鉢を同色が斜めに並ぶように配置展示
 3  菊細工:集めた菊で人物、動物、富士山などを造形する菊の作り物
 4  菊人形:菊細工の一種で菊の花や葉を細工して人形の衣装としたもの
 5  懸崖作り:崖から垂れ下がった形に仕立てるもの
 5-1 前垂れ型懸崖:小菊をハート型に仕立てる
 5-2 静岡型懸崖:静岡県の菊の愛好家によって考案され、伊豆半島に見立てて仕立てる

【花壇展】
新宿御苑で毎年、伝統的な菊花壇展が開催される。
 江戸菊花壇、一文字菊・管物菊花壇、肥後菊花壇、大菊花壇(手綱植え)、懸崖作り花壇、
伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇、大作花壇

【花の大きさ、花形による分類】
 1  大輪菊:大菊  直径18~20㎝以上
 1-1 厚物(あつもの):花びらの先端が中心に向かって高さ15㎝以上盛り上がっているもの
     舌状花が四方から中心をかかえるように組み合い満開時には半球状に盛り上がる
  (1) 大掴み(おおつかみ)=掴(つかみ)咲:花の上部分が両手を掴んだような形をしている。
   外側の花弁は垂れ下がる走り弁(skirt)をもつ。
    奥州地方で発達したことから、「奥州菊」とも呼ばれる。
   品種) 愛国殿(あいこくでん)
  (2) 抱(かかえ)咲
  (3) 厚走り(あつばしり)=走り付き :厚物に走り弁がある品種
 1-2 管物(くだもの)糸菊:管状の花びらが花火のように放射線状に広がっているもの。
     管の大きさによって次のように分ける。
  (1)太管
  (2)間管(まくだ)
  (3)細管
 1-3 広物(ひろもの):舌状花が扁平幅広のもの
  (1) 一文字:一重咲き、皇室の紋にもなっていることから「御紋章菊」とも呼ばれる
  (2) 美濃菊:3重~4重の八重咲

 2  中輪菊:中菊  直径9~18㎝
    舌状花の形で分類
  (1)平弁
  (2)管弁
  (3)さじ弁(管弁の先が平弁になる)
 2-1 肥後菊  一重で平弁または管弁が車状に平開するもの
 2-2 嵯峨(さが)菊 平弁が中心を囲み立つものを
 2-3 伊勢菊 多数の平弁が中心を囲み乱れ咲き,周囲の弁がたれるもの

 3  小輪菊:小菊  直径9㎝以下 小菊(スプレータイプ)
 一重~八重
  (1)平弁
  (2)管弁
  (3)さじ弁(管弁の先が平弁になる) 
 魚子(ななこ)菊:西洋菊のポンポン咲きに似た花形を魚鱗に見立てたもの

 4  奇花菊(きかぎく)
 鑼弁菊(かがりべんぎく):花弁の先が氷の結晶を思わせるザギザになる。
   愛知県農業総合試験場と国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構の共同開発

【開花時期】
 花期により夏系、夏秋系、秋系、晩咲、寒菊、二度咲き(6、10月に咲く)などに分けられる。

【洋菊】
 1  マム(スタンダードタイプ)=輪菊 grown as a disbud
 1輪咲き、クラシックマムともよばれるオランダ産の品種が多い。花は中輪、大輪。
品種) 秋色シャムロック(大輪、アナスタシアグリーン(ライトグリーン色) , ピンク色-黄色) , アリス(橙色) , エドホワイト(白色) , エポック(アプリコット-黄色) , カンナ(大輪、赤色) , グリーンシャムロック(大輪、黄緑色) , グリーンボール(緑色) , グロリア(大輪、ピンク色) , ココア(大輪、薄茶色) , このか(濃ピンク色) , ゴールデンピンポン(イエロー系) , シャイニーレッド(赤色) , シャムロック(緑色) , シューフリル(紫色) , ジュピター(大輪、淡アプリコット色) , シルキーガール(アプリコットピンク色) , スーパーピンポン(白色) , セイザック(赤色) , ゼンブラサニー(黄色) , ゼンブラライム(白色-緑色) , トムピアーズ(大輪、朱色-茶色) , パープルピンポン(紫色) , ハーベスト(橙茶色) , ハリケーン(大輪、橙茶色) , パンテオン(暗赤色) , ピアニッシモ(赤色) , ビーナスオレンジ(茶橙色) , ビターチョコ色(赤茶色) , ピーチフロマージュ(ピンク色) , ピンクベル(ピンク色) , ファイヤ(橙色) , ファーストピンク(ピンク系) , ブラックナイト(大輪、赤色) , プリティリオ(赤紫色) , ヘリテージ(ピンク色) , ボンビーニ(白地にピンク色) , マーブル(大輪、赤茶色) , 雅(アズキ色) , レオン(大輪、ピンク色) , ロマンチックガール(ピンク色)、

 2  スプレーマム spray mum , Spray Chrysanthemum (スプレー菊)=小菊
 ヨーロッパで発展し、1974年(昭和49年)にオランダから日本に伝えられた菊。一本の茎を多数分枝し、多数の花をつける。デージー花(スタンダードタイプ)、ポンポン咲き(ピンポンタイプ)、アネモネ咲き、スパイダー咲き、プリティータイプ、丁字咲きなどに分類される。花期により夏系、夏秋系、寒菊などに分類される。花色は白色、赤色、ピンク色、紫色、青色、黄色、橙色、緑色、黄緑色、複色など。

 3  ポットマム(ポット菊)=鉢植え
 1950年代にアメリカで矮性種として育成された鉢植えのキク(マム)を指す。開期により夏菊、夏秋菊、秋菊、寒菊に分けられ、ポットマムは秋菊です

【洋菊の花形による13分類 National Chrysanthemum Society】
 Class 1   Irregular Incurve  不規則な内巻き咲き =厚走り(あつばしり)
 小花(花弁)が緩く内巻き、中心は完全に閉じる。下部の小舌は不規則で、スカートのように垂れ下がる。Bola de Oro (1992) 。頭花は大輪 直径15~20㎝。輪菊、高さはそこそこ低い。
 Class 2   Reflex レフレックス咲き
 小花(花弁)は下向きに曲がり、重なる。鳥の羽毛に似る。花の頂部は全部覆われるが、やや平らになる。Doreen Statham (1995) 花直径10~15㎝。輪菊、植物の高さは中間サイズ。 Heather James (1972)。頭 花は直径10~15㎝。
 Class 3   Regular Incurve 規則的な内巻き咲き
 頭花は真球、幅と高さが等しい。小花は平滑に内巻き、ボール形になる。輪菊、植物はほどほどに低い。
 Class 4    Decorative デコラティブ咲き
 頭花は平ら、花弁が短い。ディスクは1~3小花でほとんど見えない。上部の小花(花弁)は内側に曲がる傾向があるが、下部の小花(花弁)は一般的に反り返る。Chime (1994) 。頭花は直径12.5㎝以上。ポットマム又は輪菊、高さは低い。
 Class 5   Intermediate Incurve 中間内巻き咲き12.5㎝より大きい。
 頭花は irregular incurveより小さく、小花(花弁)は短く、部分的に内巻き、中心まで全体にあるが、やや開き気味。内巻きタイプの多くがこの中間内巻き咲きである。Bob Dear (1986)。頭花は直径15㎝又はそれ以上。輪菊、高さは中型。
 Class 6    Pompon ポンポン咲き Pom-Pom type , Button type
 頭花は小さな球形、若いときにやや扁平になるが、成熟すると球形になる。大きさは小さなボタンタイプから、輪菊として約直径10㎝まで。小花(花弁)は内巻き又は反り返り、きちんと中央まで全体を覆ってつく八重。 Lakeside (1972)。頭花は直径2.5~10㎝。スプレーマム、高さは高い。
 Class 7   Single and Semi-Double 一重、半八重咲き Daisy type
 デイジーに似た頭花で、中央にディスクがあり、周辺小花は1列又はそれ以上。 Crimson Glory (1978)。頭花は直径10㎝以上。輪菊又はスプレーマム、高さは中間。
 Class 8    Anemone アネモネ咲き Cushion type
 頭花がSemi-Doubleに似るが、中央がクッションのように盛り上がる。 Dorothy Mechen (1987) 。頭花は直径10㎝以上。輪菊、高さは中型。
 Class 9   Spoon スプーン咲き
 基本的にはsemi-doubleに似るが、周辺小花の先がスプーンに似ている。中央のディスクは丸く、見える。Kimie (1956)。頭花は直径10㎝又はそれ以上。輪菊又はスプレーマム、高さは高い。
 Class 10  Quill クイル咲き
 小花(花弁)は真っすぐな管状、先は開出する。頭花は八重、中心は開かない。Seatons Toffee (1996)。頭花は直径15㎝又はそれ以上。輪菊、高さは中型。
 Class 11    Spider スパイダー咲き Spider type
 小花(花弁)は長い管状、先がコイル状又は鉤状になり、太さは非常に細かい~粗い。Chesapeake (1997) 。頭花は直径15㎝又はそれ以上。輪菊、高さは中型。
 Class 12    Brush or Thistle ブラシ又はアザミ咲き
 小花(花弁)は細かい管状、茎に平行に成長し、画家の絵筆に似るか又はアザミに似て、平らになり、捻じれて垂れ下がる。. Cindy (1987) 。頭花は直径15㎝又はそれ以上。輪菊、高さは中型。
 Class 13   Unclassified or Exotic その他、外来
 花が他のクラスに入らないもの。2以上のクラスに属すもの。しばしば、外来で小花(花弁)は捻じれる。Lone Star (1986) 。頭花は直径15㎝又はそれ以上。輪菊、高さは中型。


 食用菊 culinary uses

 食用菊は料理菊ともいわれる。花弁を食用とする大輪種のと、刺身のつまとする小輪種がある。
 日本で江戸時代に発展したものであり、品種は約80種。
1 大輪種 苦みが少なく甘みがある
 1-1 赤紫色:明るい赤紫色の中輪種。八重咲き。
    延命楽、もってのほか(山形県)、もって菊(山形県)、かきのもと(新潟県)
 1-2 黄色 :越天楽(山形県)、いわかぜ(ともに山形県)、南部菊(青森県)、阿坊宮(青森県)、
         金からまつ(新潟県)、湯沢菊(秋田県)
2 小輪種(つま菊)
 小菊 刺身のつまなどに生産量の9割を占め、愛知県が生産量1位。
 代表品種:秋月、金綿、こまり、とよおんちぎり、豊の秋
  食べられる品種:星のかけら、星の桜

 中国では中華料理の蛇羹(ヘビのスープ)などに調味料(芳香剤)として使われる菊がある。

【菊花茶】
 中国では菊花茶(Chrysanthemum tea)の原料として、栽培され。杭白菊、贡菊 、野菊花に大別され、3000品種以上あるとされている。

 参考

1) GRIN
  Chrysanthemum
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=2563
2) Flora of China
 Chrysanthemum
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=106957
3) イノチオ精興館
 菊の品種 (6000種以上の品種があり、半数がイノチオ精興館が作り出した品種)
 https://www.seikoen-kiku.co.jp/type_cat/s_summer-autumn/page/2
4) Chrysanthemum Lucidum 鬱陵菊花
 http://e-ulleung.grandculture.net/Contents?local=e-ulleung&dataType
  =01&contents_id=EC01500043
5) Chrysanthemum seticuspe - / Invasive Species of Japan
 Chrysanthemum seticuspe
 https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/80500e.html
6) [PDF]日本における菊栽培の伝統と菊細工
 日本における菊栽培の伝統と菊細工
7)ニッポンのキク作り
 和の歴史を彩り 世界の花に育て上げた ニッポンのキク作り
 https://shop.takii.co.jp/flower/bn/pdf/20080505.pdf
8) National Chrysanthemum Society, USA
 Chrysanthemum Classifications
 https://www.mums.org/chrysanthemum-classes/
TOP Back