イヌビユ  犬覓
[中国名] 凹头苋 ao tou xian
[英名] livid amaranth, purple amaranth
[学名] Amaranthus blitum L.
Amaranthus lividus L.
Amaranthus lividus L. var. ascendens (Loisel.) Thell.
Amaranthus ascendens Loisel.
ヒユ科 Amaranthaceae  ヒユ属
三河の植物観察
イヌビユ花穂
イヌビユ茎
イヌビユ葉
イヌビユ
イヌビユの胞果と種子
 ヨーロッパ、アジア、北アフリカ、南アメリカなど世界に広く分布し、原産地ははっきりしない。
 茎は太く、通常、赤味を帯び、根元から分枝する。葉は互生し、あまり大きくならず、長さ1~6㎝、幅0.5~4㎝の菱状卵形、基部は楔形、葉先がはっきり大きく凹む。葉柄は長く、普通は葉身の約2倍。雌花は花被片3個、柱頭3個。雄花は花被片3個、雄しべ3個。ヒユ科の果実は胞果であり、1個の種子を含み、果皮はゆるく種子を包む。成熟しても裂開しない。イヌビユの胞果は表面に浅いしわがあり、熟しても硬くならない。種子は直径約1(0.8~1.8)㎜の扁平な円盤形、黒色、光沢が強い。2n=34
 最も普通に見られるホナガイヌビユ(アオビユ)は全体に大きく、葉の先がほとんど凹まず、凹んでもわずかである。葉の基部も楔形になることが少ない。また、花序の枝先が尖り、胞果の表面のしわが深い。
[花期] 8~11月
[草丈] 20~30㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端、畑
[分布] 帰化種又は在来種
[撮影] 幸田町  09.8.17

 ヒユ属

  Family Amaranthaceae - genus Amaranthus

 1年草。茎は直立又は傾伏。葉は互生、葉柄があり、全縁。花は単性、同株又は異株、腋生又は頂生、単性又は複合の密錐花序状(thyrsoid)の構造をもち、各花は1個の苞と2個の小苞をもち、薄膜質。花被片は5個、まれに1~4個、直立又は斜めに広がり、ときに、花後に基部で硬化し、緑色、等長又はほぼ等長、膜質。雄しべは5個、まれに1~4個。花糸は糸状、離生、偽仮雄しべは無い。葯は2室。子房は直立の胚珠を1個もつ。花柱は短いか又は欠く。柱頭は2又は3個、宿存し、錐形又は線形。胞果(utricle)は球形又は卵形、側面が扁平、膜状、蓋状に裂開(横周裂開 circumscissile)~不規則に裂開~非裂開で花被とともに落ちる。種子は黒色又は褐色、球形又はレンズ形、仮種皮は無い。
 世界に40種があり、世界中に広く分布する。


 ヒユ属の主な種と園芸品種

 1  Amaranthus albus L.  ヒメシロビユ
 2  Amaranthus arenicola I.M.Johnst.  ヒメアオゲイトウ
 3  Amaranthus blitoides S.Watson  アメリカビユ
    synonym Amaranthus graecizans auct. non L
 4  Amaranthus blitum L.  イヌビユ
    synonym Amaranthus ascendens Loisel.
    synonym Amaranthus lividus L. var. ascendens (Loisel.) Thell.
    synonym Amaranthus lividus L. f. rubens (Moq.) Hatus., nom. nud
    synonym Amaranthus lividus L.

 5  Amaranthus caudatus L.  ヒモゲイトウ
 熱帯アメリカ原産の世界的な栽培種。中国名は老枪谷 lao qiang gu 。英名はfoxtail , foxtail amaranth , Inca-wheat , love-lies-bleeding , purple amaranth , red-hot-cattail , tassel-flower , velvet-flower
 茎は直立、緑色、高さ約1.5m、強く、角(かど)があり、わずかに分枝又は分枝せず、成長すると無毛。葉柄は緑色、長さ1~15㎝、軟毛がある。葉身は緑色又は赤色、菱状卵形又は菱状披針形、長さ4~15㎝×幅2~8㎝、両面とも無毛、基部は楔形、縁は全縁又は波打ち、先は尖鋭形又は鈍形。複合の密錐花序状構造、頂生、垂れ下がり、多数、分枝し、多数の穂状花序からなる。苞は赤色、披針形、長さ約3㎜、透明、外側に中脈をもち、先は微突頭。花被片は赤色、果実より短く、長さ2~2.5㎜、透明、縁が重なり、中脈がある。雌花の花被片は長楕円形。雌花の花被片は長楕円状披針形。雄しべは5個。柱頭は3個、長さ1㎜以下。胞果は上が赤色、類球形、直径約3㎜、花被より長く、横周裂開(circumscissile)。種子は薄黄褐色、類球形。花期は7~8月。果期は9~10月。2n = 32*, 64。
品種) 'Albus' , 'Crimson' , 'Fat Spike' , 'Green Cascade' , 'Green Feathers' , 'Green Necklace' , 'Pony Tails' , 'Queue de Renard Blanc' , 'Queue de Renard Rouge' , 'Red Octopus' , 'Ribbons and Beads' , 'Viridis'

 6  Amaranthus crassipes Schltdl.  サジビユ

 7  Amaranthus cruentus L.  スギモリゲイトウ
    synonym Amaranthus hybridus L. subsp. cruentus (L.) Thell.
    synonym Amaranthus paniculatus L.
    synonym Amaranthus hybridus L. subsp. cruentus (L.) Thell. var. paniculatus (L.) Thell.
 世界汎存種。中国名は老鸦谷 lao ya gu 、繁穗苋。中国では栽培が多く、種子を食用、酒用に使う。南アメリカ、北アメリカでも栽培が盛ん。英名はred amaranth , African-spinach , blood amaranth , bush greens , caterpillar amaranth , grain amaranth , purple amaranth。
 全体にほとんど無毛、わずかに上部が有毛、特に若い時に多い。茎は直立、緑色又は赤紫色、上部の花序付近で分枝し、又はほとんど分枝しない。高さ0.4~2m。葉柄は葉身の長さの1/2~同長。葉身は菱状卵形~卵形~広披針形、長さ 3~15(~20)㎝×幅1.5~10(~15)㎝、たまに強健なものはもっと大きくなり、基部は楔形~広楔形、縁は全縁、平ら、先は鋭形~類鈍形~凹形で微突頭。花序は複合の密錐花序状構造、直立し、反曲又は下向き、普通、暗赤色、紫色又は濃ビーツ赤色(beet-red)、それほど多くはないが、ほとんど緑色又は帯緑色のこともあり、少なくとも上部は葉が無く、大きく、丈夫。苞は狭いへら形、長さ2~3㎜、花被片と同長又はわずかに長く、先は短い刺状。雌花は花被片5個、長楕円形~披針形、爪部は無く、等長又はほぼ等長、長さ1.5~3㎜、先は鋭形。花柱は分枝し、直立又はわずかに反曲する。柱頭は3個。雄花は花序の先につき、花被片5個、雄しべは(4~)5個。胞果は倒卵形~長倒卵形、長さ2~2.5㎜、平滑又はわずかに上部にしわがあり、きちんと横周裂開する(circumscissile)。種子は普通、白色または象牙色、赤色又は黄色を帯び、ときに暗褐色~暗赤褐色になり、広いレンズ形~楕円状レンズ形、直径1.2~1.6㎜、平滑又は不明瞭な細点がある。
品種) 'Alegria' , 'Amont' , 'Autumn's Touch' , 'Bronze Standard' , 'Chihuahuan' , 'Foxtail' , 'Golden Giant' , 'Hot Biscuits' , 'Marvel Bronze' , 'Mayo Grain' , 'Mexican Grain' , 'Oeschberg' , 'Pigmy Torch' , 'Plenitude' , 'Red Cathedral' , 'Red Cathedral Superior' , 'Red Fox' , 'Southern Tepehuan Baute' , 'Split Personality' , 'Twin Towers Green' , 'Twin Towers Red' , 'Velvet Curtains'

 8  Amaranthus deflexus L.  ハイビユ
 9  Amaranthus dubius Mart. ex Thell.  ハリビユモドキ
 10  Amaranthus fimbriatus (Torr.) Benth. ex S.Watson  ヤナギバビユ

 11  Amaranthus hybridus L.  ホソアオゲイトウ
    synonym Amaranthus hybridus L. subsp. cruentus (L.) Thell. var. patulus (Bertol.) Thell.
    synonym Amaranthus hybridus L. subsp. hypochondriacus (L.) Thell. var. erythrostachys auct. non Thell.
    synonym Amaranthus patulus Bertol.
 12  Amaranthus hypochondriacus L.  シロミセンニンコク
    synonym Amaranthus leucocarpus S.Watson
 北アメリカ原産。英名はPrince’s-feather , Prince-of-Wales-feather , prince’s-feather amaranth。 中国名は千穗谷 qian sui gu 。
 無毛又は丈夫は中程度に毛があり、しばしば成長すると無毛になる。茎は普通、直立、緑色又は赤紫色、花序の中で主に分枝し、下部はほとんど1本、高さ0.4~2(~2.5)m。上部の葉柄は葉身の長さと同長又はわずかに短く、下部では長くなる。葉身は菱状卵形~広披針形、長さ4~12㎝×幅2~7㎝、丈夫な株では大きくなり、基部は楔形~広楔形、上部の葉では狭い楔形、縁は全縁、先は楔形~鈍形~不明瞭な凹形、微突形。花序は主に頂生、しばしば、上部の葉腋に小数の穂状花序をもち、硬く、直立し、暗赤色~紫色~濃ビーツ赤色(beet-red)、頻度は多くないが、帯黄色や帯緑色になり、少なくとも上部では葉が無く、普通、丈夫。苞は披針形~線状錐形、類刺状、長さ3~6(~8)㎜、花被片の長さの2倍以下、堅い。 雌花は花被片が普通、5個、下部の花被片は披針形、上部の花被片は卵状楕円形~楕円形、爪部は無く、不等長~たまにほぼ等長、長さ1.3~3(~3.5)㎜、先は鋭形。 花柱は分枝し、広がる。柱頭は3個。雄花は花序の枝先に束生する。花被片は3~5個。雄しべは3~5個。胞果は扁卵形~長い卵形、長さ(1.5~)2~3㎜、花被片と等長又はほぼ等長、平滑、又は蓋はわずかにしわがあり又は小さないぼ状、きちんと横周裂開する。種子は白色、象牙色、ピンク白色又は黒色~暗赤褐色、類球形~レンズ形、直径1~1.4㎜、平滑、光沢がある。花期は夏~秋。
品種) 'Bolivia' , 'Green Thumb' , 'Guarijio Grain' , 'Manna de Montana' , 'New Mexico' , 'Pygmy Torch' , 'Rio San Lorenzo' , 'Red Fox'

 13  Amaranthus palmeri S.Watson  オオホナガアオゲイトウ

 14  Amaranthus powellii S.Watson  ホナガアオゲイトウ
    synonym Amaranthus hybridus auct. non L.
 15  Amaranthus retroflexus L.  アオゲオトウ
 16  Amaranthus spinosus L.  ハりビユ

 17  Amaranthus tricolor L.  ヒユ 広義
    synonym Amaranthus tricolor L. var. inamoenus (Willd.) Thell.
    synonym Amaranthus mangostanus L.
    synonym Amaranthus inamoenus Willd.
    synonym Amaranthus gangeticus L.
 おそらく熱帯アジア原産。中国名は苋 xian
 茎は緑色又は赤色、高さ80~150㎝、丈夫、しばしば分枝する。葉柄は緑色又は赤色、長さ2~6㎝。葉身は緑色、赤色、紫色又は黄色、卵形~卵状菱形~披針形、長さ4~10㎝×幅2~7㎝、無毛、基部は楔形、縁は全縁又は波打ち、先は鈍形又は凹頭で微突端。花は葉腋に密に束生又は先の穂状花序につく。雄花と雌花は同じ花序につく。苞と小苞は卵状披針形、長さ2.5~3㎜、透明、先は長く尖る。雄しべ3個。柱頭は3個。胞果(utricle)は花被に包まれ、卵状長楕円形、長さ2~2.5㎜、横周裂開 (circumscissile)。種子は褐黒色、類球形又は倒卵形、直径約1㎜。花期は5~8月。果期は7~9月。2n = 34, 68, 85。
品種) 'Aurora' , 'Aurora Yellow' , 'Carnival' , 'Dwarf Fountain' , 'Early Splendor' , 'Hartman's Giant' , 'Illumination' , 'Joseph's Coat' , 'Kahulu' , Merah' , 'Molten Fire' , 'Perfecta' , 'Puteh' , 'Red Army' , 'Red Leaf' , 'Splendens' , 'Tete d'elephant', 'Tricolor Perfecta' , 'Yellow Splendor'

17-1 Amaranthus tricolor L. var. mangostanus (L.) Aellen   ヒユ 狭義
 食用品種をヒユと呼ぶ。
17-2 Amaranthus tricolor L. subsp. tricolor  ハゲイトウ 葉鶏頭
    synonym Amaranthus gangeticus L.
    synonym Amaranthus tricolor L. var. gangeticus (L.) Fiori
 葉は赤色、黄色、3色など鮮やかな色になり、葉の観賞用に栽培される。葉の観賞時期は8~11月下旬。多数の品種があり、矮性品種もある。

17-2 Amaranthus tricolor var. salicifolius ヤナギバケイトウ

 18  Amaranthus tuberculatus (Moq.) J.D.Sauer  ヒユモドキ
    synonym Amaranthus rudis J.D.Sauer
 19  Amaranthus viridis L.  ホナガイヌビユ
    synonym Amaranthus gracilis Desf. ex Poir.

 20  Amaranthus blitum L. x A. viridis L.  アイノコイヌビユ
 21  Amaranthus x ozanonii Thell.  アレチアオゲイトウ
    synonym Amaranthus x galii Sennen et Gonzalo ex Pritzter

 22  その他
品種) 'Annapurna' , 'Autumn Palette' , 'Bolivia 153' , 'Burgundy' , 'Dark Foxtail' , 'Flaming Fountains' , 'Garnet Red' , 'Golden' , 'Green Cathedral' , 'Hopi Red Dye' , 'Intense Purple' , 'Magic Fountains' , 'Mercado' , 'New Mexico' , 'Opopeo' , 'Plainsman' , 'Popping' , 'Tarahumara Okite' , 'Trompe d'Elephant'



 参考

1) Amaranthus in Flora of China @ efloras.org
  Amaranthus
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=101257
2) Amaranthus in Flora of North America @ efloras.org
 Amaranthus Linnaeus
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=101257
3) The Jepson Herbarium
  Amaranthus hybridus
 http://ucjeps.berkeley.edu/eflora/eflora_display.php?tid=12924
4)Key to Amaranthus - Jepson Herbarium
 Key to Amaranthus
 http://ucjeps.berkeley.edu/cgi-bin/get_IJM.pl?key=9077
5) GRIN
 List of Species Records in GRIN
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=484
TOP Back