フトイ  太藺
[別名] オオイ、マルスゲ
[中国名] 水葱 shui cong
[英名] softstem bulrush, great bulrush
[学名] Schoenoplectus tabernaemontani (C.C.Gmel.) Palla
Scirpus tabernaemontani Gmel.
ヤツリグサ科 Cyperaceae  ホタルイ属
三河の植物観察
フトイの穂
フトイの小穂
フトイ
 根茎は太く、匍匐する。葉は鞘状、葉身がない。茎は直径1~2㎝の円柱形、茎の先に短い苞を出し、4~7個の枝先に小穂を付ける。小穂は長さ.5~10㎜の卵形~長卵形。鱗片は褐色、縁に毛があり、凹頭、中肋が突き出る。果実は倒卵形。刺針状花被片は果実とほぼ同長、下向きの小歯がある。柱頭は2岐。2n=42
 オオフトイは柱頭が3岐。
 サンカクイは茎の断面が三角形で、花序の枝がある。
 カンガレイは茎の断面が三角形で花序の枝がない。
 コサンカクイはサンカクイとフトイとの推定雑種であり、茎に三綾があり、丸く膨れる。
[花期] 6~10月
[草丈] 80~200㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 池沼、湿地
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国、台湾、ロシア、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、南北アメリカ
[撮影] 西尾市  07.9.9
TOP Back