カンガレイ  寒枯藺
[中国名] 水毛花 shui mao hua
[学名] Schoenoplectiella triangulatus Roxb.
Schoenoplectus triangulatus (Roxb.) Sojak
Scirpus triangulatus Roxb.
Schoenoplectus mucronatus (L.) Palla subsp. robustus (Miq.) T.Koyama
カヤツリグサ科 Cyperaceae ホソガタホタルイ属
三河の植物観察
カンガレイ花序
カンガレイ花序2
カンガレイ果実
カンガレイ
カンガレイ小穂
  多年草、大株になり、群生する。根茎は短い。稈は濃緑色、わずかに密に叢生し、高さ45~130㎝×太さ5~11㎜、鋭い3稜があり、浅いく凹面をもち、基部は2~4個の葉鞘で被われる。葉鞘は褐色、長さ7~25㎝、膜質~草質、口部は斜めの切形。苞葉は1個、稈状、直立又は斜めに曲がり、長さ2~10㎝、花序は偽側生の半球形の頭状花序、小穂を (3~)5~20個もつ。小穂は褐緑色、卵形~長円状卵形~狭卵形、長さ10~20㎜× 幅4~6㎜、円柱形、花が密に多数つき、先は類鋭形。苞穎(鱗片)は淡緑色で縁が褐色、赤褐色、紫褐色を帯び、広倒卵形~卵形~広卵形、長さ3.8~5(3.5~6)㎜×幅2.5~3㎜、強く凹面、紙質、縁の先に微細な縁毛があり、先には緑色の1~3脈をもち、肋は突き出し、微突になる。苞穎の間から、先に柱頭が出て、後に葯が出てくる。花被の剛毛は6本、小堅果の長さの1.5~2倍(0.88~1.94倍)、後ろ向きのザラつきがある。雄しべは3本。葯は線形、長さ約2.5(1.7~3.8)㎜。葯隔の先はわずかに明白に葯を超える。花柱は長さ約4㎜。花柱は常に3個。小堅果は熟すと黒褐色、 倒卵形~広倒卵形、長さ2~2.5㎜×幅1.5~2㎜、扁平な3稜形、明瞭又は不明瞭な横の小しわがあり、±光沢があり、基部は収縮~楔形、先は丸く~微倒形。花期と果期は5~11月。2n = 42 , 44
 ヒメカンガレイ は小穂が長さ6~15㎜とやや小さく、葯長0.9~1.7㎜、小穂の鱗片長2.2~3.8㎜、 花被片の小堅果に対する相対長0.75~1.40
 ハタベカンガレイ は小堅果が両凸レンズ形、柱頭は2個、花被の剛毛は6~7本
 タタラカンガレイvar. tataranus は茎の稜に逆3角状の翼があり、熟しても花序が直立する。
 サンカクイは、小穂の数が少なめで、花柄がある。
[花期] 5~11月
[草丈] 45~130㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 池や湖の縁、沼地、小川の岸辺、水田
[分布] 在来種  日本全土、韓国、中国、台湾、インド、スリランカ、インドネシア、マレーシア、ヨーロッパ南部、アフリカ、マダガスカル
[撮影] 豊橋市佐藤町 長三池 03.7.20
TOP Back