ヒルガオ  昼顔
[中国名] 柔毛大碗花 rou mao da wan hua
[英名] Japanese bindweed
[学名] Calystegia pubescens Lindl.
Calystegia sepium (L.) R.Br. var. japonica (Choisy) Makino
Calystegia japonica Choicy.
ヒルガオ科 Convolvulaceae  ヒルガオ属
三河の植物観察
ヒルガオの花
ヒルガオ苞
ヒルガオ萼片
ヒルガオ花柄
ヒルガオ雄しべ
ヒルガオ花糸の腺毛と萼の上部
ヒルガオ
ヒルガオ花粉
ヒルガオ葉2
ヒルガオ葉
ヒルガオ葉4
 名のとおり昼間咲く。地下茎を伸ばして広がる。
 葉は互生し、細長いほこ形~矢じり形、葉先が鈍頭、基部が下側方へ張り出す。花は直径5~6(写真は6)㎝のロート形、蕾のときは螺旋形に巻いている回旋状。花柄は断面が丸く、翼はない。萼片5個を2個の苞が包んでいる。苞は長さ2~2.5(写真は1.8)㎝の卵形、鈍頭。雄しべ5個、基部に腺毛があり、葯は白色。花粉も白色。雌しべ1個、柱頭2個、半円形。結実することは少ない。2n=22
 類似のコヒルガオの花は直径が3~4㎝と小さい。また、葉先が鋭頭、葉の基部が横に張り出し2裂し、花柄に翼がある。ただし、葉の形は中間的なものも多く、雑種はアイノコヒルガオという。
 学名は諸説あり、広義のヒルガオを Calystegia pubescens Lindl. とし、その品種として狭義のヒルガオ Calystegia pubescens Lindl. forma. major (Makino) Yonek.とする説もある。また、ヒロハヒルガオ Calystegia sepium (L.) R.Br. の変種とする説もあり、独立種とする説もある。
[花期] 6~8月
[草丈] つる性
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりの良い野原、道端
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 吉良町    01.7.25
TOP Back