ドウダンツツジ  灯台躑躅
[中国名] 台湾吊钟花 tai wan diao zhong hua
[学名] Enkianthus perulatus (Miq.) C.K.Schneid.
ツツジ科 Ericaceae  ドウダンツツジ属
三河の植物観察
ドウダンツツジの花序
ドウダンツツジの花
ドウダンツツジの若葉
ドウダンツツジの葉先
ドウダンツツジの幹
ドウダンツツジ
ドウダンツツジ葉
ドウダンツツジ紅葉
 基準品種 form. perulatus がドウダンツツジであり、form. japonica が日本に自生するヒロハドウダンツツジである。ドウダンツツジは葉幅が8~15㎜と狭いものであり、高知県の錦山の蛇紋岩地帯に自生している。ドウダンツツジは栽培種となっており、ヒロハドウダンツツジの中から選んだ園芸品種とも考えられている。また、葉幅の中間的なものも存在し、区別せず、すべてドウダンツツジとする見解もある。
 幹は灰色、不規則に剥がれる。葉は互生し、枝先に輪生状に葉がかたまってつく。葉は長さ2~4(6)㎝、幅8~15(20)㎜、葉先は先端に腺状突起があり、基部は楔形、葉縁に微細な鋸歯がある。花は散形につき、花柄で垂れ下がる。花序軸は無毛。花冠は白色、長さ7~9㎜の卵状壺形、花冠の基部が萼片と萼片の間で隆起する。蒴果は長さ約8㎜の狭長楕円形、上向きにつく。
 ヒロハドウダンツツジ form. japonicus  は本州(静岡県以西)、四国(徳島、高知県)、九州(鹿児島県)に分布する。葉は長さ2~3㎝、幅15~25㎜の倒卵形。枝先に1~5個の花を散形に下垂する。花冠は長さ7~8㎜の壺形、白色、先は浅く5裂し、反曲する。蒴果は長さ7~9㎜、上向きにつく。愛知県ではヒロハドウダンツツジは東三河地域の新城市内に自生するだけであり、絶滅危惧Ⅱ類に指定している。
 コアブラツツジEnkianthus nudipes も若い枝が無毛。花冠は長さ4~5㎜、花冠にほとんどしわがない。果実が垂れ下がってつき、惰円形。
[花期] 4~5月
[樹高] 1~2m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山地
[分布] 栽培種又は在来種(高知県錦山)
[撮影] 田原市  05.12.3
TOP Back