ベニドウダン  紅灯台
[別名] チチブドウダン、コベニドウダン
[学名] Enkianthus cernuus (Siebold et Zucc.) Benth. et Hook.f. ex Makino form. rubens (Maxim.) Ohwi
Enkianthus cernuus (Sieb. et Zucc.) Makino var. matsudae (Komatsu) Makino
ツツジ科 Ericaceae  ドウダンツツジ属
三河の植物観察
ベニドウダンの花序
ベニドウダン花
ベニドウダン葉
ベニドウダン葉先
ベニドウダン
 チチブドウダンvar. matsudaeは本州(関東~近畿地方)に分布する。現在はチチブドウダンもベニドウダンと同一として、ベニドウダンに含めるのが普通である。シロドウダン Enkianthus cernuusの品種form. rubensとして分類されている。
 葉は互生し、枝先に集まってつき、長さ1.5~4㎝、幅0.7~1.5 ㎝の倒卵形、先端に腺状突起があり、葉縁には細かな鋸歯がある。葉表は無毛、葉裏は基部にまばらに毛がある。長さ3~4㎝の花序に花を5~10個、下垂し、濃紅色。花冠は長さ3~6㎜の鐘形で、先が不揃いに細裂し、裂片は鋭い三角形。花柱が花冠から突き出るのが普通だが、これはほとんど出ていない。
 サラサドウダンEnkianthus campanulatusは北海道、本州(近畿地方以東)、四国に分布する。ベニドウダンより葉も花も大きい。長さ2~3㎝の短い花序に花を約10個つける。花冠は長さ8~10㎜、先が5裂し、淡紅白色に赤い縦筋がある。花柱が花冠から突き出ない。
 カイナンサラサドウダンEnkianthus sikokianus は本州(愛知県、三重県、和歌山県)、四国に分布する。長さ4~9㎝の細長い花序に8~20個の花を下垂する。花冠は長さ7~8㎜、先が5裂し、緑色を帯びた朱色。
[花期] 5~6月
[樹高] 2~4m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山地の岩尾根、林縁
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(関東~近畿地方)、四国、九州
[撮影] 天狗棚  05.5.21
TOP Back