アズマレイジンソウ  東伶人草
[別名] アズマトリカブト
[学名] Aconitum pterocaule Koidz.
キンポウゲ科 Ranunculaceae  トリカブト属
三河の植物観察
アズマレイジンソウの花序
アズマレイジンソウの花の雄しべ
アズマレイジンソウの花の屈毛
アズマレイジンソウの花柄
アズマレイジンソウの果実
アズマレイジンソウの熟した果実
アズマレイジンソウ
アズマレイジンソウ花の構造
アズマレイジンソウ蜜弁
アズマレイジンソウの種子
アズマレイジンソウ葉
アズマレイジンソウ葉2
 茎は直立又は蔓状に伸び、断面は円形又は稜があり、下部の稜は翼状になる。根生葉は花時に残る。葉は幅5~18㎝の円形、(3)5~7中裂し、裂片には粗い鋸歯がある。葉柄と葉裏の脈上にに屈毛があり、ときに開出毛が混じる。茎頂の総状花序に5~12個の淡紅紫色の花をつけ、下部の花から開花する。花柄には屈毛がある。花の外面には屈毛がまばらに生え、ときに開出毛や伏毛が生える。上萼片(かぶと)は長い円筒形。上萼片の中に蜜弁(花弁)が2個あり、蜜弁の舷部は細い。側萼片の内側に白色の長毛がある。雄しべは多数、無毛。花糸は下部が翼状に広くなる。葯は紫色。果実は雌しべ(心皮)の数3個と同数の袋果を上向きにつけ、熟すと上側が裂開する。袋果は長さ約12㎜、幅約4㎜、(4~)6個の種子が入り、果皮の内側には微細な脈があり、光沢がある。種子は長さ3~4㎜、全面に皺のある翼がつき、翼を取った種子は長さ約2㎜の卵形。
 レイジンソウ Aconitum loczyanum は本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮、九州に分布する。アズマレイジンソウによく似るが、花柄や上萼片には開出毛がある。
 オオレイジンソウ Aconitum umbrosum は本州(中部地方以北)、朝鮮、中国、ロシアに分布する。。花が淡黄色。
[花期] 8~10月
[草丈] 30~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 林縁、林内
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(東北、関東、中部地方)
[撮影] 設楽町  14.9.22
       15.9.23
TOP Back