オオレイジンソウ  大伶人草
[中国名] 草地乌头 cao di wu tou
[学名] Aconitum umbrosum (Korsh.) Kom
Aconitum gigas H.Lev. et Vaniot var. hondoense (Nakai) Tamura et Lauener
キンポウゲ科  Ranunculaceae  トリカブト属
三河の植物観察
オオレイジンソウの花序
オオレイジンソウの花
オオレイジンソウ
オオレイジンソウの葉
 エゾノレイジンソウの変種。和名の由来は花の形が伶人(雅楽の奏者)がかぶる冠に似ていることから。
 根生葉は長さ約20㎝の腎円形で7~9裂に中裂し、裂片はさらに細裂する。葉質は薄く、長い葉柄がある。茎葉は上部ほど小さく、柄も短い。花は淡黄色で長さは2~3㎝。見えているのは萼で、花の距は中に隠れていて見えない。オオレイジンソウの距は長さ4㎜以上、母種のエゾレイジンソウの距は長さ2㎜以下と短く、正確には距の長さで判別する。このように外観からの判別は難しいが、栂池のものはオオレイジンソウとされている。
[花期] 7~8月
[草丈] 50~100㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 亜高山帯の湿った草地、林縁
[分布] 在来種 本州(中部地方以北)、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 栂池自然園  07.7.27
TOP Back