アメリカアゼナ  アメリカ畔菜
[中国名] 北美母草 bei mei mu cao
[英名] false pimpernel, yellowseed false pimpernel
[学名] Lindernia dubia (L.) Pennell var. dubia(Ctype)
Lindernia dubia (L.) Pennell (広義)
Lindernia dubia (L.) Pennell var. major (Pursh) Pennell
アゼナ科 Linderniaceae  アゼナ属
三河の植物観察
アメリカアゼナ花
アメリカアゼナ花
アメリカアゼナ花
アメリカアゼナ花
アメリカアゼナ果実
アメリカアゼナの茎
アメリカアゼナ
アメリカアゼナ種子
アメリカアゼナ葉裏
アメリカアゼナ葉表
 ゴマノハグサ科からオオバコ科に移されたが、APG III(2009年版)ではアゼナ科として分離された。
 var. dubia とvar. major はUSDA(ARS)ではSynonym とされ、var. majorはvar. dubiaに含め、あまり使われていない学名である。しかし、アメリカアゼナvar. major とタケトアゼナvar. dubia に分ける見解もある。両者の学名は分けずに、 var. dubia とするのが普通であり、アメリカアゼナとタケトアゼナを分ける場合はアメリカアゼナをCタイプ、タケトアゼナをRタイプという。
 茎は4稜形、赤色を帯びることも多い。葉は対生し、長楕円形で、縁に低い鋸歯があり、基部はくさび形。3~5本の葉脈が目立つ。花は葉腋に単生し、白色~淡青色で、濃淡の模様がある場合もある。花冠は長さ0.5~1㎝、花冠にわずかに腺毛がある。雄しべは4個つき、下側の2個は葯がない仮雄ずいとなっている。花柄は苞葉の長さの0.5~1倍。果実の先は尖る。種子は長さ0.3~0.4(実測0.34~0.4)㎜の曲がった柱状、横の隆起線がある。2n=32。
 タケトアゼナ(アメリカアゼナのRタイプ)は葉の基部が円形で鋸歯が不明瞭。花柄の長さは苞葉の1~1.5倍。
 在来種のアゼナは葉の幅がやや広く、3脈が目立ち、縁に鋸歯がほとんどない。雄しべ4個に葯がある。
 ヒメアメリカアゼナははっきりした鋸歯が葉に2~3対つき、花柄の長さが苞葉の2~3倍と長いのが特徴である。
[花期] 6~9月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 田の畔、湿った場所
[分布] 帰化種 北アメリカ、南アメリカ原産
[撮影] 吉良町  07.9.24
TOP Back