ユズリハ 譲葉

mark

Flora of Mikawa

ユズリハ科 Daphniphyllaceae ユズリハ属

中国名 交让木 jiao rang mu
学 名 Daphniphyllum macropodum Miq.
ユズリハの若葉
ユズリハの葉
ユズリハの花
ユズリハ未熟な果実
ユズリハの幹
ユズリハ
ユズリハ2
ユズリハ葉表
ユズリハ葉裏
ユズリハ葉裏の葉脈
花 期 5~6月
高 さ 5~10m
生活型 常緑高木
生育場所 温暖な常緑樹林内
分 布 在来種  本州(福島県以南)、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾
撮 影 設楽町   12.3.22
豊橋市   15.4.21(花)
春に新しい若葉が出ると、古い葉が席を譲るように落葉することからユズリハと名づけられた。庭や公園によく植えられている。自生のものはヒメユズリハより少ない。
 幹は灰褐色で皮目がある。葉は互生し、枝先に集まって垂れ下がるようにつく。葉は中間より先で最も幅が広く、長さ8~20㎝、側脈が10~19対、葉裏が白色を帯び網状脈が目だたない。葉柄は長さ3~6㎝、紅色を帯びることが多い。雌雄別株。総状果花序に花弁のない花を多数つける。雄花は萼片もなく、葯が紫褐色。雌花も萼片がないか小さく、柱頭が紫褐色、子房は長さ1~2㎜。果実は長さ約1㎝の惰円形の核果で冬に藍黒色に熟し、垂れ下がる。
 ヒメユズリハは葉がやや小さく、側脈が8~10対、葉の網状脈がはっきり見える。雄花には長さ1㎜ほどの小さな萼片がある。果実は垂れ下がらない。

ユズリハ属

  family Daphniphyllaceae - genus Daphniphyllum

 高木又は低木、雌雄異株。小枝には葉痕があり、皮目がある。葉は互生し、普通、小枝の先に密集し、単葉、全縁、葉柄が長く、托葉は無い。花序は総状花序、腋生、単生、基部に苞がある。花は単性、ときに不稔。咢は3~6深裂し、宿存又は脱落性。花弁は無い。雄花は雄しべが 5~12(~18)本、1輪に、放射状につき、花糸は葯より短い。葯は三日月形、側部から縦に裂開し、葯隔は±突き出す。雌花は仮雄しべが無く又は5~10個つく。子房は卵形~楕円形、2室。胚珠は各室に2個、倒生、下垂。花柱はごく短く、花柱の枝は2本、反曲又は渦巻き状、宿存し、内側が柱頭に沿下する。核果は卵形~楕円形、いぼ状又は表面に不明瞭ないぼのあるしわがあり、しばしば粉白を帯びる。中果皮は肉質。核は硬く、種皮は膜質、胚乳は肉質。胚は小さい。子葉は半円柱形、幼根は円柱形。
 ユズリハ科は1属だけで、世界に25~30種あり、東アジア、南東アジアを中心に、インド、スリランカ~オーストラリアに分布する。

ユズリハ属の主な種と園芸品種

1 Daphniphyllum glaucescens Blume
  synonym  Daphniphyllum neilgherrense (Wight) K.Rosenthal
  synonym  Daphniphyllum roxburghii Baill
 マレーシア、インドネシア原産。
1-1 Daphniphyllum glaucescens Blume subsp. oldhamii (Hemsl.) T.C.Huang var. lanyuense T.C.Huang

2 Daphniphyllum macropodum Miq.  ユズリハ 譲葉
  synonym  Daphniphyllum himalaense (Benth.) Mull.Arg. subsp. macropodum (Miq.) T.C.Huang
  synonym Daphniphyllum membranaceum Hayata 
 日本(本州の福島県以南、四国、九州、沖縄)、朝鮮、中国、台湾原産。中国名は交让木 jiao rang mu。英名はlarge-stalked daphniphyllum。温暖な常緑樹林内に生える。
 常緑高木。高さ5~10m。幹は灰褐色で皮目がある。葉は互生し、枝先に集まって垂れ下がるようにつく。葉は中間より先で最も幅が広く、長さ7~21㎝×幅2.5~6.5㎝、側脈が16~22対.(葉長15~20㎝のもの) 、葉裏が白色を帯び網状脈が目だたない。葉柄は長さ3~6㎝、紅色を帯びることが多い。雌雄別株。総状果花序に花弁のない花を多数つける。雄花は萼片もなく、葯が紫褐色。雌花も萼片がないか小さく、柱頭が紫褐色、子房は長さ1~2㎜。果実は長さ約1㎝の惰円形の核果で冬に藍黒色に熟し、垂れ下がる。花期は5~6月。
品種)  'Variegatum'
2-1 Daphniphyllum macropodum Miq. f. variegatum (Bean) Rehder  フイリユズリハ
2-2 Daphniphyllum macropodum Miq. f. viridipes (Nakai) Ohwi  アオジクユズリハ
2-3 Daphniphyllum macropodum Miq. subsp. humile (Maxim. ex Franch. et Sav.) Hurus.  エゾユズリハ
  synonym Daphniphyllum macropodum Miq. var. humile (Maxim. ex Franch. et Sav.) K.Rosenthal
  synonym Daphniphyllum humile Maxim. ex Franch. et Sav.
 葉身は長さ9~18㎝×幅3~5.5㎝。側脈は12~17対(葉長10~15㎝のもの)。.葉柄は長さ4~5㎝

3 Daphniphyllum teijsmannii Zoll. ex Kurz  ヒメユズリハ  姫譲葉
  synonym Daphniphyllum amamiense Hurus. 
  synonym Daphniphyllum teijsmannii Zoll. ex Kurz var. amamiense (Hurus.) Hurus.
  synonym Daphniphyllum teijsmannii Zoll. ex Kurz f. ovatifolium Hurus.
  synonym Daphniphyllum pentandrum Hayata var. okinawaense (Hurus.) Hurus.
  synonym Daphniphyllum glaucescens Blume subsp. teijsmannii (Zoll. ex Kurz) T.C.Huang var. iriomotense (Hurus.) T.C.Huang 
  synonym Daphniphyllum glaucescens Blume subsp. teijsmannii (Zoll. ex Kurz) T.C.Huang var. buergeri (Mull.Arg.) T.C.Huang
  synonym Daphniphyllum glaucescens Blume subsp. teijsmannii (Zoll. ex Kurz) T.C.Huang var. amamiense (Hurus.) T.C.Huang 
  synonym Daphniphyllum glaucescens Blume subsp. teijsmannii (Zoll. ex Kurz) T.C.Huang 
 日本(本州の福島県以南、四国、九州、沖縄)、朝鮮、台湾原産。中国名は虎皮楠 hu pi nan。
幹は灰褐色で皮目が散生する。葉は互生し、枝先に集まってつく。葉は長さ4~15㎝×幅2~4.5㎝、側脈は8~16対(葉長6~12㎝のもの)、葉の網状脈がはっきり見える。葉柄は長さ1.5~5㎝、紅色を帯びることもある。雌雄別株。雄花は花弁がなく、葯が紫褐色、長さ1㎜ほどの小さな萼片がある。雌花も花弁がなく、柱頭が黄色、子房は長さ1~1.5㎜、小さな萼片がある。果実は長さ約1㎝の惰円形の核果、冬に藍褐色に熟し、垂れ下がらない。花期は5~6月。
3-1 Daphniphyllum teijsmannii Zoll. ex Kurz var. hisautii Hurus.  スルガヒメユズリハ 駿河姫譲葉
  synonym Daphniphyllum glaucescens Blume subsp. teijsmannii (Zoll. ex Kurz) T.C.Huang var. hisautii (Hurus.) T.C.Huang
 葉はしばしば長く、先は鋭形、基部はときに鈍形~円形。葉柄は長い。果序の軸は細く、間隔が広く開く。
3-2 Daphniphyllum teijsmannii Zoll. ex Kurz var. oldhamii (Hemsl.) Hurus.  シマユズリハ
  synonym Daphniphyllum glaucescens Blume subsp. oldhamii (Hemsl.) T.C.Huang var. kengii (Hurus.) T.C.Huang 
  synonym Daphniphyllum pentandrum Hayata var. oldhamii (Hemsl.) Hurus. 
  synonym Daphniphyllum pentandrum Hayata
  synonym Daphniphyllum oldhamii (Hemsl.) K.Rosenthal
  synonym Daphniphyllum glaucescens Blume subsp. oldhamii (Hemsl.) T.C.Huang
 葉は長く、披針形、先は尖鋭形。柱頭は長い。



ユズリハ、エソユズリハ、ヒメユズリハの判別(参考4)

ユズリハ
 葉身は長さ7~21㎝×幅2.5~6.5㎝
 葉柄は長さ4~5㎝
 側脈16~22対.(葉長15~20㎝のもの)  
 気孔数は約150-200個(葉の1.0mm2あたり)

エソユズリハ
 葉身は長さ9~18㎝×幅3~5.5㎝
 葉柄は長さ4~5㎝
 側脈は12~17対(葉長10~15㎝のもの).
 気孔数は約240-300個(葉の1.0mm2あたり)

ヒメユズリハ
 葉身は長さ4~15㎝×幅2~4.5㎝
 .葉柄は長さ2~4㎝
 側脈は8~16対(葉長6~12㎝のもの)
 気孔数は約330~400個(葉の1.0mm2あたり)

参考

1) Flora of China
 Daphniphyllum
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=110810
2)Plants of the World Online | Kew Science
 Daphniphyllum
 http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:15293-1
3) 植物研究雑誌 18(5): 261-276(1942)
 日本産ユズリハ属の種類に就て(其二)
4)植物研究雑誌70(4): 218-224(1995)
 日本民間生薬「ゆずり薬」の生薬学的研究