ヨツバヒヨドリ 四葉鵯

mark

Flora of Mikawa

キク科 Asteraceae ヒヨドリバナ属

別 名 クルマバヒヨドリ
学 名 Eupatorium glehnii F.Schmidt ex Trautv.
Eupatorium chinense L. var. sachalinense (Fr. Schm.) Kitam.
Eupatorium chinense L. subsp. sachalinense (F.Schmidt) Kitam. ex Murata
ヨツバヒヨドリ花
ヨツバヒヨドリ花横
ヨツバヒヨドリ果実
ヨツバヒヨドリ
ヨツバヒヨドリ葉
花 期 8~9月
高 さ 50~100cm
生活型 多年草
生育場所 山地の草原
分 布 在来種 北海道、本州(中部地方以北)、ロシア
撮 影 車山高原  03.8.8
ヒヨドリバナの亜種又は変種として分類されていることもある。
 葉は長さ10~15㎝、幅3~4㎝の長楕円形、3~4個、普通4個が輪生する。3個で輪生する場合、互生に近くなる場合などいろいろ変化する。葉の幅も場所により変わる。葉裏に腺点がある。散形花序に頭花が密に多数つく。頭花は5~6個の筒状花のみがつく。総苞は長さ約5㎜。花冠は淡紅紫色~白色、先が浅く5裂する。花柱は先が2裂し、花冠から長く突き出す。痩果は5角柱形、長い冠毛がある。2n=20
 ハコネヒヨドリは葉が細く、葉の幅も1.5~3㎝と細い。ヨツバヒヨドリと区別できないという見解もある。