ツブラジイ 円椎

mark

Flora of Mikawa

ブナ科 Fagaceae シイノキ属

別 名 コジイ
学 名 Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky
Castanopsis thunberii (Makino) Hatus.
ツブラジイの花
ツブラジイの枝先
ツブラジイの葉裏
ツブラジイの幹
ツブラジイ
ツブラジイの果実
ツブラジイ葉表
ツブラジイの葉裏
花 期 5~6月
高 さ 10~20m
生活型 常緑高木
生育場所 山地、丘陵地
分 布 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮
撮 影 西尾市(幡豆町)   13.5.8
常緑高木。高さ10~20m。幹の樹皮は灰黒色、平滑。葉は互生し、長さ5~10㎝の卵状長楕円形、表面に光沢があり、全縁又は先半部に波状の鋸歯があり、スダジイによく似ている。スダジイの葉よりやや小さく、薄く、先が尖鋭形、表皮は1層からなる。雌雄同株。雌花序は細くて上に立ち上がり、雄花序は太く、垂れ下がる。殻斗果(Cupules and nuts)は球形または卵状球形。堅果は長さ6~12㎜×幅6~9㎜のほぼ球形、鱗片状突起をもつ殻斗に包まれており、熟すと殻斗が3つに裂開する。花期は5~6月。
 類似のスダジイは堅果の長さが12~20㎜の長楕円形、幹に縦の深い割れ目が入る。

シイノキ属

  family Fagaceae - genus Castanopsis

 常緑高木。冬芽は卵形~楕円形、十字対生の鱗片がある。托葉は葉柄外托葉(extrapetiolar)。葉は互性し、2列生または少数の種では螺旋状に配置さる。花序は普通、単性、直立、穂状花序または円錐花序。雄花は3~7個、束生し、まれに単生で散在する。花被は5裂または6(~8)裂する。雄しべは(8~)9~12本。未熟な雌しべは非常に小さく、曲がった羊毛状毛で密に覆われる。雌花は単生、または殻斗(総苞)ごとに3~5(~7)個束生する。仮雄しべはあれば、花被片に対生する。子房は3室。花柱は(2~)3(~4)本。柱頭はの点状(punctiform)または浅い末端の孔になる。殻斗(cupules)は花序軸に単生し、放射相称または左右相称、まれに非裂開、完全にまたは部分的に堅果を包む。苞はまばら~密に殻斗の外側を覆い、刺状またはまれに鱗状~いぼ状突起状(殻斗の測定には常に苞が含まれる)。堅果は殻斗ごとに1~3個つき、2年後に成熟するか、またはまれに1年目に熟す。未成熟の胚珠は頂部にある。発芽は地下性(hypogeal)。子葉はわずかに凸状で、まれに脳状(cerebriform)のしわがある。
 世界に約120種あり、熱帯および亜熱帯アジアに分布する。

シイノキ属の主な種と園芸品種

1 Castanopsis carlesii (Hemsl.) Hayata タカサゴジイ 高砂椎
  synonym Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky var. carlesii (Hemsl.) T.Yamaz. f. sessilis (Nakai) J.C.Liao
  synonym Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky var. carlesii (Hemsl.) T.Yamaz.
  synonym Castanopsis carlesii (Hemsl.) Hayata var. sessilis Nakai
  synonym Castanopsis longicaudata (Hayata) Nakai  ナガバシイ
 中国、台湾原産。中国名は小红栲 mi zhu。別名はノコギリジイ。

2 Castanopsis chinensis (Sprengel) Hance ケイリンクリガシ 桂林栗樫
 中国、ベトナム原産。中国名は桂林栲 zhui。

3 Chrysolepis chrysophylla (Douglas ex Hook.) Hjelmq. トゲガシ 棘樫
 USA(カリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州)原産。英名はgolden chinquapin , giant chinquapin , western chinquapin。
品種) 'Obovata'

4 Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky ツブラジイ 円椎
  synonym Castanopsis thunberii (Makino) Hatus.
  synonym Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky f. angustifolia Nakai
 本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮に分布する。別名はコジイ。山地、丘陵地に生える。
 常緑高木。高さ10~20m。幹の樹皮は灰黒色、平滑。葉は互生し、長さ5~10㎝の卵状長楕円形、表面に光沢があり、全縁又は先半部に波状の鋸歯があり、スダジイによく似ている。スダジイの葉よりやや小さく、薄く、先が尖鋭形、表皮は1層からなる。雌雄同株。雌花序は細くて上に立ち上がり、雄花序は太く、垂れ下がる。殻斗果(Cupules and nuts)は球形または卵状球形。堅果は長さ6~12㎜×幅6~9㎜のほぼ球形、鱗片状突起をもつ殻斗に包まれており、熟すと殻斗が3つに裂開する。花期は5~6月。
品種) 'Variegata'

5 Castanopsis eyrei (Champ. ex Benth.) Hutch. ハリジイノキ 針椎の木
 中国原産。中国名は甜槠栲 tian zhu。

6 Castanopsis fabri Hance ヒシガタクリガシ 菱形栗樫
  synonym Castanopsis stellatospina Hayata
  synonym Castanopsis kusanoi Hayata  クサノクリガシ(イラガシ)
 中国、台湾、ラオス、ベトナム原産。中国名は罗浮栲 luo fu zhui。
 Kewscience、World Flora Onlineでは学名がCastanopsis faberi Hanceとされている。

7 Castanopsis fargesii Franch. クリガシ 栗樫
  synonym Castanopsis hystrix auct. non A.DC.
 中国、台湾原産。中国名は丝栗栲 kao。

8 Castanopsis formosana (Skan) Hayata タイワンクリガシ 台湾栗樫
 中国、台湾、ベトナム原産。中国名は台湾锥 tai wan zhui 。別名はタイワンシイグリ、シマヒシグリ。

10 Castanopsis indica (Roxb.) A.DC. ホソバクリガシ 細葉栗樫
 中国、台湾、バングラデシュ、ブータン、インド、ラオス、ミャンマー、ネパール、シッキム、タイ、ベトナム原産。中国名は印度栲 yin du zhui。

11 Castanopsis kawakamii Hayata  オオクリガシ 大栗樫
  synonym Castanopsis borneensis auct. non King
 中国、台湾、ベトナム原産。中国名は青钩栲 diao pi zhui。別名はクリガシワ。

12 Castanopsis sieboldii (Makino) Hatus. ex T.Yamaz. et Mashiba スダジイ 
 本州(福島県以西)、四国、九州、朝鮮に分布。別名はイタジイ、ナガジイ。山地に生える。
 常緑高木。高さ10~30m。幹の樹皮は黒褐色、縦の深い割れ目が入る。葉は互生し、長さ4~16㎝の広楕円形~長楕円形、厚い革質で、表面に光沢があり、全縁又は先半部に波状の鋸歯がある。葉の基部は楔形、先は尾状に尖る。葉裏は縁が盛り上がり、脈がほとんど平坦で、ふけ状の不定形の鱗状毛がある。雌雄同株。雌花序は細くて上に立ち上がり、雄花序は太く、垂れ下がる。堅果は長さ12~20㎜の長楕円形、鱗片状突起をもつ殻斗に包まれており、熟すと殻斗が3つに裂開する。花期は5~6月。
 殻斗と堅果は卵状長円形。堅果は長さ12~21㎜、長さは幅の1.2~2.2倍。葉の表皮は2層からなる。 品種) 'Angyo Yellow' (v)
12-1 Castanopsis sieboldii (Makino) Hatus. ex T.Yamaz. et Mashiba subsp. sieboldii  スダジイ 狭義
  synonym Castanopsis cuspidata auct. non (Thunb.) Schottky
  synonym Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky subsp. sieboldii (Makino) Sugim.
  synonym Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky var. sieboldii (Makino) Nakai
  synonym Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky f. lanceolata Sugim.
 殻斗は鱗が短くまたは隆起が小さい。堅果は幅7~9.5㎜、長さは幅の1.4~2.2倍。
12-2 Castanopsis sieboldii (Makino) Hatus. ex T.Yamaz. et Mashiba f. awanoi (Yanagita) Yonek. シダレジイ 
  synonym Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky var. sieboldii (Makino) Nakai f. awanoi (Yanagita) Nakai
12-3 Castanopsis sieboldii (Makino) Hatus. ex T.Yamaz. et Mashiba subsp. lutchuensis (Koidz.) H.Ohba オキナワジイ
  synonym Castanopsis lutchuensis (Koidz.) Nakai
  synonym Castanopsis sieboldii (Makino) Hatus. ex T.Yamaz. et Mashiba var. lutchuensis (Koidz.) T.Yamaz. et Mashiba
  synonym Castanopsis cuspidata (Thunb.) Skottky var. lutchuensis (Koidz.) Masam.
 南西諸島に分布。殻斗スダジイよりやや大きく、長さ15~21㎜×幅10~13㎜。苞(鱗片状突起)がスダジイでは先端がやや斜上するのに対して、先端まで完全に合着する少数の突起状。堅果は長さ12.6~17㎜×幅9.5~12.5㎜(長さは幅の1.2~1.4倍)。

13 Castanopsis uraiana (Hayata) Kaneh. et Hatus. ウライガシ 
 中国、台湾原産。中国名は淋漓锥 lin li zhui。

14 ハイブリッド
(1) Castanopsis cuspidata (Thunb.) Schottky x C. sieboldii (Makino) Hatus. ex T.Tamaz. et Mashiba  ニタリジイ
 ツブラジイ×スダジイ

参考

1) Flora of China
 Castanopsis
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=105821
2) Plants of the World Online| Kewscience
 Castanopsis
https://powo.science.kew.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:13483-1
3) World Flora Online
 Castanopsis
http://worldfloraonline.org/taxon/wfo-4000006931;jsessionid=B9C02624807A6F6F8866A556FEF03AF4
4) 植物研究雑誌62(11): 332–339(1987)
 山崎敬,真柴茂彦:日本,朝鮮,台湾におけるシイノキ類の分類の再検討 (2)
http://www.jjbotany.com/pdf/JJB_062_332_339_d.pdf