タカネスイバ 高嶺酸葉

mark

Flora of Mikawa

タデ科 Polygonaceae ギシギシ属

英 名 lapland sorrel , lapland mountain sorrel
学 名 Rumex alpestris Jacq. subsp. lapponicus (Hiitonen) Jalas
Rumex lapponicus (Hiitonen) Czernov
Rumex montanus auct. non Desf.
タカネスイバの雌花
タカネスイバの花後
タカネスイバの茎葉
タカネスイバ
タカネスイバ葉
タカネスイバ下部の葉
花 期 7~8月
高 さ 50~80㎝
生活型 多年草
生育場所 ツンドラ、山地、亜高山帯、高山帯の草地、岩の露頭、川や流れの沖積地
分 布 在来種  日本(北海道と本州北部~中部の亜高山帯)、千島列島、カムチャツカ半島、ロシア極北部、ユーラシア北部、グリーンランド、アラスカ、カナダ原産
撮 影 駒ケ岳千畳敷  06.8.8
Rumex alpestris は北半球の北部に分布し、タカネスイバはその亜種に分類されている。独立種のRumex lapponicusとする見解もある(Flora of North America) 。
 多年草、無毛又はほぼ無毛、比較的細く、水平又はわずかに斜めの塊根をもち(普通、基質に深く達しない)、2次根が密集する(たまに、短い匍匐する根茎をもつ)。茎は直立、まれに斜上し、基部から数本又はしばしば1本、花序の上部の1/2で分枝し、長さ (10~)20~60(~100)㎝。少なくとも、中間と上部の葉の葉鞘は全縁、,房飾りは無く、ときに不規則に切れ込むが、上部だけである。葉身は広卵形、まれにほぼ円形、長円状卵形、まれに長円状披針形、長さ3~10(~14)㎝×幅1~4(~5)㎝、長さは通常、幅の2.5倍以下、基部は矢じり形(下向き、葉柄に平行、又はわずかに内向きの、鋭形又はほぼ鋭形の裂片をもつ)、全縁、通常、平ら、先は類鋭形又は鈍形。花序は頂生、茎の上部1/3を占め、普通、緩く、下部で特に中断し、狭い円錐花序又はたまに1本の円筒形(単純な1次枝をもつか又は少数の2次枝をもつ)。花柄は中間近くに、関節があり、糸状、長さ2~5㎜、関節は明瞭。花は(2~)4~8個の輪になり、内側の花被片は円形、たまに広卵形、長さ 3.5~4.5㎜×幅3.5~4.5㎜、基部は円形又は心形、先は鈍形、 こぶは小さいか又はたまに欠く。痩果は褐色~暗褐色~褐黄色、長さ1.7~2.5㎜× 幅0.9~1.3㎜、光沢は無い。 2n=14 (雌株), 15 (雄株)。花期は晩春~夏。(Flora of North America)
 スイバは葉幅がやや狭く、托葉鞘の縁が不規則に切れ込む。