ムカゴトラノオ  珠芽虎尾

mark

Flora of Mikawa

タデ科 Polygonaceae イブキトラノオ属

別 名 コモチトラノオ
中国名 珠芽拳参 zhu ya quan shen
英 名 alpine bistort
学 名 Bistorta vivipara (L.) Gray
Polygonum viviparum L.
Polygonum viviparum L. var. macounii (Small ex Macoun) Hulten
ムカゴトラノオの花
ムカゴトラノオの花
ムカゴトラノオ
花 期 7~9月
高 さ 15~60㎝
生活型 多年草
生育場所 亜高山~高山の草地、林縁
分 布 在来種  北海道、本州(中部地方以北)アジア、北アメリカ、ヨーロッパ
撮 影 千畳敷  06.8.8
根茎は黒色~褐色、曲がって、大きく、直径1~2㎝。茎は2~3本直立する。葉身は全縁、長さ2~13㎝、幅0.5~3㎝の線形~卵状披針形又は惰円形、基部は楔形~円形、先が尖る。葉裏は白緑色。茎葉は2~4個つき、無柄。下部の葉は長さ0.8~6㎝の葉柄がある。托葉鞘は長さ0.3~1㎝、先は斜形、縁毛はない。花序は長さ1~8㎝、幅4~10㎜の穂状、花序の柄は長さ1~5㎝。花序の上半部は花がつき、下半部にムカゴがつく。花被は幅1~2㎜、緑色を帯び、先が白色~ピンク。花被片は長さ2.1~4㎜の卵形。雄しべは8個、葯は赤色~紫色を帯びる。花柱3個。小花柄は長さ2~5㎜。ムカゴは長さ3~4㎜の卵形、先が尖る。痩果は普通はできない。稀にできるものは3稜形、長さ2~3㎜、暗褐色。2n=96,120
 Bistorta viviparaは細胞学的、形態学的に変化が多い。果実が普通できず、ムカゴができ、主に無性生殖である。染色体数が2n = 66, ca. 77, ca. 80, 88, 99, ca. 100, 110, 120, and ca. 132.という報告もある。
 よく似たイブキトラノオはムカゴがつかない。