メアオスゲ雌青菅

mark

Flora of Mikawa

カヤツリグサ科 Cyperaceae スゲ属

別 名 ノゲアオスゲ
学 名 Carex candolleana H.Lev. et Vaniot.
Carex leucochlora Bunge var. aphanandra (Franch. et Savat.) T.Koyama
メアオスゲの花序
メアオスゲの花序拡大
メアオスゲの基部の小穂
メアオスゲの基部
メアオスゲ
メアオスゲ鱗片と果胞
メアオスゲ葉
花 期 4~6月
高 さ 5~20㎝
生活型 多年草
生育場所 林内、草地
分 布 在来種 本州、四国、九州
撮 影 吉良町  09.4.12
学名のCarex leucochlora var. aphanandra は神奈川県植物誌2001によれば基準標本がニイタカスゲと同じとされている。
 全体に小型で、柔らかい。茎は叢生し、根茎が分岐すると大株となる。基部の鞘は短く、光沢がなく、淡褐色~褐色、繊維状に分解する。葉は直立し、普通、幅1~2㎜まれに4㎜。頂部の雄小穂は長さ5~15㎜の線形。雌小穂は2~3個つき、上部1~2個は雄小穂に接続してつき、最下の小穂1個が根際につくのが特徴。苞は花序とほぼ同高で、短い鞘が明瞭にある。小穂には果胞が数個つき、長さ1㎝以下。果胞は長さ2.5~3㎜、脈は不明瞭で、毛が散生する。鱗片の芒は長い。
 ノゲヌカスゲは鱗片の芒が長く、よく似ている。雌小穂がきわめて短い。基部の鞘は褐色部分が長く、果胞はほぼ無毛。
 アオスゲは全体に大きく、やや硬く、基部の鞘が光沢のある褐色になる。また、雄小穂が棍棒状、包葉の鞘はほとんどなく、根際に雌小穂はほとんどつかない。
 よく似たイソアオスゲは海岸の岩場に生え、匍枝を伸ばして広がる。また、茎や葉がざらつかず、包葉が花序より著しく長く、鱗片の芒が短い。
 ハマアオスゲは長い根茎で広がり、大株にならない。また、雄小穂が棍棒状、果胞に明瞭な脈があり、毛が密生する。