コメナモミ 小豨薟

mark

Flora of Mikawa

キク科 Asteraceae  メナモミ属

中国名 毛梗豨莶 máo geng xi xian
学 名 Sigesbeckia glabrescens (Makino) Makino
Sigesbeckia pubescens Makino var. glabrescens (Makino) Vorosch.
Sigesbeckia orientalis L. subsp. glabrescens (Makino) Kitam. ex Shimabuku 
コメナモミの花
コメナモミの花
コメナモミの花
コメナモミの痩果
コメナモミ花床の鱗片
コメナモミ葉裏の腺点と毛
コメナモミ茎
コメナモミ
コメナモミの葉
コメナモミの花柄
花 期 9~10月
高 さ 30~100㎝
生活型 1年草
生育場所 山野
分 布 在来種 日本全土、朝鮮、中国
撮 影 蒲郡市  09.11.8
コメナモミと思っていた中に中間的なものを確認した。茎に毛が少なく、葉の毛もやや少ない。花柄の毛は上の写真の右側のタイプと同じであり、上向きに曲がるが、下の写真のように同じ花序の中に有柄の腺毛がある枝がある。腺毛はあったりなかったり、数が様々である。腺毛より長い毛はほとんどない。他の場所でも数個の腺毛が花柄にあるものを確認しており、稀に花柄に有柄の腺毛が出るものと思われる。
コメナモミの腺毛のある花柄
コメナモミの痩果
メナモミよりコメナモミの方が多く、普通に見られる。
 茎、葉に短毛がまばらに生える。葉は対生し、翼のある葉柄があり、長さ5~13㎝の卵形~卵状三角形。葉裏には腺点がある。頭花は散房状につき、黄色で直径約1㎝。頭花の周囲に舌状花、中心に筒状花を配す。舌状花の花冠は黄色、先が3裂する。筒状花の花冠も黄色、先が5裂する。総苞片は5個あり、有柄の腺毛が生え、横に広がってヒトデのような特徴ある形をしている。花床には鱗片があり、それぞれ小花を抱き、外側の鱗片は総苞片と同質で有柄の腺毛がある。花柄には上向きの白色の毛が生えるが、長い開出毛はなく、普通、有柄の腺毛はない。稀に花柄に有柄の腺毛がある場合もあり、花柄の毛の長さや量には変化があるが、茎の毛の量は明らかに少ない。痩果は長さ1.9~3.3㎜。外側の果実はやや大きく、内側の果実はやや小さい。
 類似のメナモミは茎と葉に長い開出毛が生え、葉がビロード状。また、花柄に有柄の腺毛があり、痩果が長さ2.5~3.5㎜。