キケマン 黄華鬘

mark

Flora of Mikawa

ケシ科  Papaveraceae キケマン属

中国名

异果黄堇 yi guo huang jin

学 名 Corydalis heterocarpa Sieb. et Zucc. var. japonica (Franch. et Savat.) Ohwiar
Corydalis heterocarpa Sieb. et Zucc.  広義
キケマンの花序
キケマンの花
キケマンの花
キケマンの花前
キケマンの苞
キケマンの果実
キケマンの種子
キケマン
キケマンの葉
キケマンのよく展開した葉
キケマンの熟した果実の中
キケマン種子の種沈
花 期 3~6月
高 さ 40~60㎝
生活型 2年草
生育場所 日当たりのよい場所
分 布 在来種  本州(関東地方以西)、四国、沖縄、(中国)
撮 影 幸田町  12.3.28
和名は黄色の花が咲くケマンソウという意味で、傷つけるといやな臭いがする。Corydalis heterocarpa の変種に分類されている。
 全体に無毛。茎は根もとから枝分かれし、柔らかく、赤色を帯び、太い。葉は厚く、白緑色~淡緑色、大きな3回羽状複葉。春先は葉が展開しきらず、特に白みが強いものが多い。茎の上部の葉脇から総状花序を出し、長さ約2㎝の黄花を多数つける。柱頭は二又、中央に離れた明瞭な1対の乳頭状突起がある。果実は太く幅約5㎜、数珠状にわずかにくびれ、種子が2列に入る。種子は黒色、表面に細かい円柱状の突起があり、膜状の大きな種沈がある。
 ツクシキケマン var. heterocarpa は果実が数珠状にくびれる。
 タカネキケマン Corydalis wilfordii は対馬、中国、台湾、朝鮮に分布し、果実の種子は1列。柱頭は2又、両側に3個ずつ乳頭状突起がある。
 エジキケマン Corydalis speciosa 北海道、本州(北部)、中国、朝鮮、ロシアに分布し、果実の種子は1列。柱頭は横向きの惰円形、両側に4個ずつ乳頭状突起がある。
 フウロケマン Corydalis pallida はタカネキケマンに似て、全体に小型で、葉の裂片が細かい。
 ミヤマキケマンはフウロケマンの変種。葉の切れ込みが細かく、蒴果が長く数珠状にはっきりくびれる。