ヒロハユキザサ  広葉雪笹
[別名] ヒロハノユキザサ、ミドリユキザサ
[学名] Maianthemum yesoense (Franch. et Sav.) LaFrankie
Smilacina yesoensis Franch. et Savat.
キジカクシ科 Asparagaceae  マイヅルソウ属
三河の植物観察
ヒロハユキザサ花序
ヒロハユキザサの花
ヒロハユキザサ
ヒロハユキザサの葉
 多年草。高さ50~100㎝。茎は緑色、面はほとんど無毛、ジグザグに曲がり、明瞭な稜がある。この稜は葉柄の基部が半ば茎を抱き、その縁部が茎に沿下してできたもので、従って2 本あり下部の節に達し、稜の上に毛がある。葉は互生し、長さ10~20㎝、楕円形、先が尖る。葉面は無毛、葉裏には毛が生える。葉縁が波状にうねることは稀である。雌雄異株。円錐花序の枝の毛は少ないが花序軸や花柄に茎と同じような稜があり、稜の上に毛がある。花は直径約5㎜。雄花は花披が淡緑色。雌花は花被が紫褐色~淡緑色、柱頭はごく短く、3深裂して強く反曲する。短い雄しべが6個つく。花粉粒の彫紋は疣状。果実は直径約7㎜の球形、橙赤色に熟す。花期は7~8月。
 ヤマトユキザサは毛が多く、茎の下部が赤色を帯びる。
[花期] 7~8月
[高さ] 50~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山~高山の林縁、林床、草地
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(中部地方以北)
[撮影] 千畳敷  06.8.8
TOP Back