ヒンジガヤツリ 品字蚊帳吊

mark

Flora of Mikawa

カヤツリグサ科 Cyperaceae ヒンジガヤツリ属

中国名 湖瓜草 hu gua cao
英 名 smallhead halfchaff sedge
学 名 Lipocarpha microcephala (R.Br.) Kunth
Rikliella australiensis J.Raynal
ヒンジガヤツリ花序
ヒンジガヤツリ花序
ヒンジガヤツリ花序2
ヒンジガヤツリ花序3
ヒンジガヤツリ花序拡大
ヒンジガヤツリ茎
ヒンジガヤツリ
ヒンジガヤツリ鱗片と果実
ヒンジガヤツリ薄膜をとった果実
果 期 (6)8~10月
高 さ 5~25(40)㎝
生活型 1年草
生育場所 水田、湿地
分 布 在来種  本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、インド、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、パプアニューギニア、オーストラリア、太平洋諸島
撮 影 豊田市  07.8.27
ヒンジガヤツリ属に分類され、鱗片の内側の果実が2個の薄膜に包まれている。
 和名は花序が品の字形になることに由来する。
 根茎はなく、茎は直径1㎜以下の円筒形、叢生して、直立し、基部は紫色を帯びる。葉は幅1~2㎜、茎の基部の葉鞘に続いてつき、長さは長短あり、長いものは先が丸まって細くなる。苞葉は長さ1~10㎝、2~3個が斜めに下がってつく。苞葉の長いものは、左右が上側に丸まり、葉と同じような糸状になる。やや縦長の球形の頭状花序が3~5(普通3)個、茎頂につき、3個の場合に品の字形になる。花序は直径3~5㎜。花序の下側の果実から稔り、熟すと果実が鱗片と一緒に落ち、軸が見えるようになる。鱗片は長さ1~2㎜の褐色、披針形、中肋は緑色で、先が突き出て芒状になる。雄しべ1~2個。葯は長さ約0.25㎜。果実は長さ0.7~1㎜、幅0.15~0.2㎜、断面が円形の披針形、2枚の透明な薄膜に包まれる。柱頭は2岐。2n=46
 球形の頭状花序が数個つくとしたが、全体を1花序とし、球形の集まりを小穂とする説もある。

ヒンジガヤツリ属

  family Cyperaceae - genus Lipocarpha

 1年草又は多年草。葉身は平ら。苞葉は葉状、穂状花序は2~7個、頭状花序に束生又はまれに1個、多数の小苞と小穂をもつ。小苞は螺旋状につき、それぞれが小穂をもつ。小穂は2個の苞穎(ときに、欠き)と1個の両性花をもち、小軸はごく短く、基部に関節があり、熟すと関節で落ちる。苞穎は互生し、膜質、数脈があり、基部の苞穎は花が無い。先の苞穎は1個の両性花をもつ。花被の剛毛(指針状花被片)は無い。雄しべ2個。柱頭2個。小堅果は有3面(3稜形)~両凸面形~平凸面形、基部の苞穎に包まれる。
 世界に約35種があり、温暖な温帯と亜熱帯に分布する。
 最近ではカヤツリグサ属(Cyperus)に含められるようになってきた。

ヒンジガヤツリ属の主な種

1 Lipocarpha microcephala (R. Brown) Kunth  ヒンジガヤツリ 品字蚊帳吊
  synonym Hypaelyptum microcephalum R. Brown
  synonym Cyperus leptocarpus (F.Muell.) Bauters [Kewscience]
  synonym Lipocarpha chinensis sensu Tang et F.T.Wang 
  synonym Lipocarpha zollingeriana Boeckeler
 日本、朝鮮、中国、台湾、インド、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、パプアニューギニア、オーストラリア、太平洋諸島原産。中国名は湖瓜草 hu gua cao。英名はsmallhead halfchaff sedge。 水辺、湿った場所、沼地に生える。
 1年草、根茎は無い。稈は高さ5~40㎝×太さ約0.7㎜、平ら、縦の溝があり、軟毛がある。根生葉は鞘が筒形、長さ1.5~2.5㎝、膜質、無毛、基部の鞘は葉身が無く、先の鞘は葉身をもち、葉身は線形、稈の長さの1/4~1/2、幅0.7~1.5㎜、紙質、両面とも無毛、中脈は廃れ、縁は内巻。苞葉は2~3枚、葉状、基部がわずかに広く、鞘は無い。穂状花序は 2~ 3(~ 4)個、束生し、卵形、長さ3~5㎜×幅約3㎜、多数の小苞と小穂をもつ。小苞は倒披針形~へら形、長さ約2㎜、膜質、先は急に収縮し、反曲した微突起になる。小穂は2個の苞穎と1個の両性花をもち、基部の苞穎は白色、楕円形、長さ約1㎜、透明、5脈があり、先は鈍形。先の苞穎は長円形、長さ約1㎜、膜質、数脈があり、1個の両性花をもち、先は鋭形。雄しべは2個。葯は線状長円形、長さ約0.3㎜。花柱は細く、基部につく苞穎から突き出る。柱頭は3個、軟毛がある。小堅果はわら色、狭長円形、長さ0.9~1㎜、わzかに曲がり、3面があり、密に細点があり、光沢があり、先は微突形。花期と果期は6~10月。2n = 46。

2 Lipocarpha chinensis (Osbeck) J.Kern  オオヒンジガヤツリ 大品字蚊帳吊
   basionym Scirpus chinensis Osbeck
  synonym Cyperus lipocarpha T.Koyama
  synonym Cyperus submaculatus T.Koyama
  synonym Cyperus albescens (Steud.) Larridon & Govaerts [Kewscience , YList]
 日本(沖縄)、朝鮮、中国、インド、ブータン、ネパール、スリランカ、カシミール、カンボジア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、パプアニューギニア、オーストラリア、アフリカ、マダガスカル、インド洋諸島原産。中国名は华湖瓜草 hua hu gua cao。 英名はgoosetongue sedge 。
 学名はFlora of China , The Plant List , GRINでLipocarpha chinensisとされ、Kewscience , YListではCyperus albescensとされている。
 道端の湿った場所、溝の縁、川辺、山の斜面、野原の縁などに生える。
 多年草。稈は叢生し、高さ10~60㎝×太さ1~1.5㎜、平ら又は扁平な3稜形(triquetrous)、縦の溝があり、ごく疎に微軟毛がある。根生葉は、鞘が筒形、長さ1.8~2.5㎝、無毛。基部の鞘は葉身が無く、先の鞘は葉身をもつ。葉身は線形、稈の長さの約1/2、幅2~4㎜、紙質、縁は外巻、先は尖鋭形。苞葉は2~3枚つき、葉状、長さ2~7㎝、鞘は無い。穂状花序は(3~)4~7個、束生し、卵形~広卵形、長さ5~10㎜×幅約 5.5㎜、多数の小苞と小穂をもつ。小苞は淡色で紫色の条線があり、倒披針形、長さ約2㎜、竜骨があり、類膜質、先は類切形~尖鋭形。小穂は2個の苞穎と1個の両性の花をもつ。基部の苞穎は楕円形、長さ約1.5㎜、膜質、5脈があり、縁は内巻、先は鈍形。先の苞穎は卵状披針形、長さ約1.5㎜、1個の両性花をもち、先は鋭形。雄しべは2個。葯は狭長円形。花柱は中間の長さ。柱頭は3個、花柱の長さに近い。小堅果は熟すと褐色、長円状倒卵形、長さ約1㎜、両凸面形、表面に点があり、先は丸くて短い微突頭。花期と果期は5~10月。2n = 26。

参考

1) Flora of China
 Lipocarpha  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=118685
2) GRIN
 Lipocarpha  
http://www.tn-grin.nat.tn/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=6879
3)Flora of North America
 Lipocarpha  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=118685
4)Plants of the World Online | Kewscience
 Cyperus leptocarpus (F.Muell.) Bauters  
http://powo.science.kew.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:96837-3
 Cyperus albescens  
http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:77154548-1