ヒキヨモギ  引蓬
[中国名] 阴行草 yin xing cao
[学名] Siphonostegia chinensis Benth. ex Hook. et Arn.
ハマウツボ科 Orobanchaceae  ヒキヨモギ属
ヒキヨモギの花
ヒキヨモギの下唇
ヒキヨモギの上唇
ヒキヨモギの雄しべ
ヒキヨモギの雄しべ葯
ヒキヨモギ果実2
ヒキヨモ葉裏の毛
ヒキヨモギの茎の毛
ヒキヨモギの茎
ヒキヨモギの茎の基部
ヒキヨモギ
ヒキヨモギ花と苞
ヒキヨモギ萼
ヒキヨモギ萼筒の毛
ヒキヨモギ果実
ヒキヨモギ種子
ヒキヨモギ葉表
ヒキヨモギ葉裏
 科はAPGではゴマノハグサ科からハマウツボ科に移動された。
ヒキヨモギは愛知県では準絶滅危惧種に指定されているが、全国ではランク外
 1年草、高さ30~70㎝、乾くと黒色になり、黄褐色の毛が密生する。枝は稜があり、密に軟毛がある。葉は無柄又は短柄。葉身は広卵形、長さ0.8~5.5㎝、幅0.4~6㎝、軟毛が密にあり、2回羽状全裂、羽片は3対、最下の対は2回羽状深裂。小羽片は1~3個、線形~線状披針形、幅1~2㎜、全縁。総状花序は花が少数つく。苞は羽状深裂又は羽状全裂。萼は円筒形、先が5裂する。萼筒は長さ1~1.5㎝、深い10本の溝条線があり、密に毛があり、内側にも白毛がある。萼裂片は緑色、ほぼ等長、線状披針形~長楕円形、長さ2.2~2.5㎜、外面には密に長軟毛があり、内面は軟毛があり、縁は全縁又は1~2歯がある。花は鮮黄色、長さ2.5~3㎝(萼を含め)。花冠筒部は長さ12~1.4㎝、外側及び内側の子房の少し上まで毛が多い。下唇は黄色、3裂し、裂片は卵形。上唇は黄色で内側の縁が赤紫色、外側に長毛があり、先が細く、内側に花柱を包み込むようになってやや曲がり、広げると先端はほぼ切形。雄しべは4個、2個が長い2強雄しべ、花冠筒部の中間につき、花糸の下部に花筒の内側と同じような毛がある。雌しべは1個、柱頭が上唇から突き出る。子房は細長い卵形、長さ約4㎜、幅約5㎜。蒴果は卵状長楕円形、長さ約1..5㎝、幅約2.5㎜、先は類斜形で微突頭形。種子は黒色、長さ約0.8㎜。花期は7~9月。
 オオヒキヨモギは全国では絶滅危惧Ⅱ類に指定されているが、愛知県ではランク外。半寄生。茎、葉、萼など全体に開出した腺毛が密に生える。花冠の黄色があまり鮮やかでない。
[花期] >7~9月
[高さ] >30~70㎝
[生活型] >1年草
[生育場所] >乾いた山の斜面、草地、田畑、海岸の草地、
[分布] >在来種  北海道、本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、ロシア
[撮影] >田原市   17.7.19 , 17.8.23
       17.9.21(果実)

 ヒキヨモギ属

 family Orobanchaceae- genus Siphonostegia

 1年草。茎は直立、基部は木質、先は多数、分枝する。葉は対生、無柄又は短柄がある。葉身は羽状深裂又は切れ込む。総状花序は頂生する。苞は葉状、深裂又は全縁。花は対生し、まばらにつく。花柄は短い。苞は2個、線形。咢筒は鐘形、長さが幅の4~8倍、膜質、10脈がある。咢片は5個、ほぼ等長、類披針形。花冠筒部は細く、真っすぐ、咢の長さと同長又はわずかに長い。花冠の拡大部は2唇形。下唇は上唇の長さと同長、裂片は卵状三角形、ほぼ等長、先は鋭形、2個の花弁状のひだをもつ。上唇はかぶと形、頭を下げる。雄しべは2強雄しべ、わずかに突き出る。子房は2室。花柱はわずかに突き出る。蒴果は黒色~黒褐色、宿存する咢に包まれる。種子は多数、長円状卵形、種皮は網状、翼は厚く、肉質、透明。
 世界に約4種あり、アジアに分布する。


 ヒキヨモギ属の主な種

 1  Siphonostegia chinensis Benth. ex Hook. et Arn.  ヒキヨモギ 引蓬
 日本(北海道、本州、四国、九州)、沖縄、朝鮮、中国、台湾、ロシア原産。中国名は阴行草 yin xing cao。乾いた山の斜面、草地、田畑、海岸の草地に生える。
 1年草、高さ30~70㎝、乾くと黒色になり、黄褐色の毛が密生する。枝は稜があり、密に軟毛がある。葉は無柄又は短柄。葉身は広卵形、長さ0.8~5.5㎝、幅0.4~6㎝、軟毛が密にあり、2回羽状全裂、羽片は3対、最下の対は2回羽状深裂。小羽片は1~3個、線形~線状披針形、幅1~2㎜、全縁。総状花序は花が少数つく。苞は羽状深裂又は羽状全裂。萼は円筒形、先が5裂する。萼筒は長さ1~1.5㎝、深い10本の溝条線があり、密に毛があり、内側にも白毛がある。萼裂片は緑色、ほぼ等長、線状披針形~長楕円形、長さ2.2~2.5㎜、外面には密に長軟毛があり、内面は軟毛があり、縁は全縁又は1~2歯がある。花は鮮黄色、長さ2.5~3㎝(萼を含め)。花冠筒部は長さ12~1.4㎝、外側及び内側の子房の少し上まで毛が多い。下唇は黄色、3裂し、裂片は卵形。上唇は黄色で内側の縁が赤紫色、外側に長毛があり、先が細く、内側に花柱を包み込むようになってやや曲がり、広げると先端はほぼ切形。雄しべは4個、2個が長い2強雄しべ、花冠筒部の中間につき、花糸の下部に花筒の内側と同じような毛がある。雌しべは1個、柱頭が上唇から突き出る。子房は細長い卵形、長さ約4㎜、幅約5㎜。蒴果は卵状長楕円形、長さ約1..5㎝、幅約2.5㎜、先は類斜形で微突頭形。種子は黒色、長さ約0.8㎜。花期は7~9月。

 2  Siphonostegia laeta S.Moore  オオヒキヨモギ 大引蓬
   synonym Siphonostegia japonica (Matsum.) Matsum. ex Furum 
 日本(本州の関東~中国地方、四国の瀬戸内海側)、中国原産。中国名は腺毛阴行草 xian mao yin xing cao 。山地の林縁に生える。
1年草。高さ30~70㎝。半寄生で、茎は直立し、全体に開出した腺毛が密に生え、乾くと黒色を帯びる。枝は3~5対。葉は密に腺毛があり、短い葉柄があり、葉柄に翼がある。葉身は狭三角状卵形、長さ1.5~2.5㎝、幅 0.8~1.5㎝、掌状に近い羽状、3個に分裂する。中央羽片は他より大きく、菱状卵形、側羽片は斜めの三角状卵形。苞は葉状、萼より短く、菱状卵形~卵j状被針形、密に腺毛があり、縁は羽状に分裂~全縁、先は尖る。小花柄は長さ2~3㎜。小苞は長さ3~5㎜。花は枝先の分裂しない長さ2~3㎝の葉の葉腋に単生する。萼は腺毛が密生し、筒状鐘形、筒部は長さ1~1.5㎝、10本の条線が溝状になり、先は5裂する。萼片は披針形、長さ6~10(12)㎜、全縁。花冠は黄色、2唇形、外面に腺毛が多く、筒部は下部が萼筒に包まれ、長さ約2㎝。上唇弁はかぶと状、ときに紫色を帯び、内面に長い多細胞の縮れた毛がある。下唇弁は上唇とほぼ同長、上面に長い多細胞の縮れた毛があり、裂片は三角状卵形。雄しべ4個、上唇弁内にあり、花糸には毛が密生する。雌しべ1個、子房は狭卵形、長さ2~3㎜、子房上位。蒴果は長さ1.2~1.3㎝、幅約3.5㎜、残存性の萼片に包まれ、内部で2つに裂開する。種子は長さ1~1.5㎜、黄褐色。花期は8~9月。


 参考

1) Flora of China
  Siphonostegia
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=130479
2) Plants of the World Online | Kew Science
 Siphonostegia
 http://usefulplantsofboyaca.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:38014-1
3)GRIN
 Siphonostegia
 http://tn-grin.nat.tn/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=11216

TOP Back