ゴンズイ 権萃

mark

Flora of Mikawa

ミツバウツギ科 Staphyleaceae ゴンズイ属

別 名 ゴゼノキ
中国名 野鸦椿 ye ya chun
学 名 Euscaphis japonica Kanitz.
ゴンズイの花
ゴンズイの果実
ゴンズイの裂開した果実
ゴンズイの葉の鋸歯
ゴンズイの若い幹
ゴンズイ
ゴンズイ複葉
ゴンズイ小葉表
ゴンズイ小葉裏
花 期 5~6月
高 さ 3~8m
生活型 落葉小高木
生育場所 日当たりの良い山野
分 布 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮、中国、ベトナム
撮 影 三ヶ根山  11.7.15 果実 04.9.23
和名の由来はもろくて材木にならないため、役に立たない魚のゴンズイの名をつけたといわれている。
 幹は黒褐色、縦に白い筋が入る。葉は対生し、長さ10~30㎝の奇数羽状複葉。小葉は2~5対つき、細鋸歯縁。黄緑色の小さな花を円錐花序に多数つける。花弁5個。萼片5個。雄しべ5個。果実は袋果、秋に赤く熟し、割れて中から直径約5㎜の黒い種子が1~2個顔をのぞかせる。