ドジョウツナギ 泥鰌繋

mark

Flora of Mikawa

イネ科 Poaceae ドジョウツナギ属

学 名 Glyceria ischyroneura Steud.
ドジョウツナギの花序
ドジョウツナギの花
ドジョウツナギの葉舌
ドジョウツナギの葉耳
ドジョウツナギの葉縁
ドジョウツナギの果実
ドジョウツナギの茎
ドジョウツナギ
ドジョウツナギ基部
ドジョウツナギ小穂
ドジョウツナギの護頴と内頴
ドジョウツナギの小花
ドジョウツナギの葉表
ドジョウツナギの葉裏
花 期 5~6月
高 さ 40~80㎝
生活型 多年草
生育場所 低地の湿地、水田の畔、湿った道端
分 布 在来種 日本全国、朝鮮
撮 影 豊田市 13.5.24
低山地の湿った道端などに群生していることも多い。
 散生又は小さく群生する。茎は無毛、平滑、基部が曲がり、上部は斜上する。葉は幅3~5(8)㎜、無毛、平滑、薄くて弱く、縁に歯がありざらつく。葉舌は長さ1~1.5㎜、切形、縁が不整に裂ける。葉鞘は無毛、平滑、完全な筒状になるが、縁の上部は裂けやすく、耳状の突起があることもある。花序は長さ20~30㎝、狭くて長く、枝は細く、各節に2~3本つき、散開する。小穂は長さ5~12㎜、小花が3~9個つき、軸が小花の腹面に沿ってジグザグに屈曲する。枝や花柄には微歯がありざらつく。第1苞頴は長さ約1㎜、第2苞頴は長さ約1.5㎜。小花は長さ2.2~2.5㎜、腹面が膨らむ。小穂が熟すと、軸のジグザグのところで切れ、護頴に包まれた果実が先から順に落ち、最後に苞頴が残る。小穂が熟してくると小穂の小花が少なく見えるが、先の小花が落ちると腹部に軸が残っている。護頴は無毛、7脈があり、芒は無い。内頴は腹部が膨らむため、強く湾曲し、縁は内側に折れ、護頴とほぼ同長。果実(頴果)は長さ1~1.4㎜、光沢のある褐色~暗褐色、腹部が溝状に窪む。
 ヒロハノドジョウツナギは大型で葉幅が7~10㎜あり、小花も大きく、長さ約3㎜ある。葉鞘の脈が格子状になる。
 ミヤマドジョウツナギは本州中部以北の亜高山から高山、北海道などに分布し、小穂が暗紫色。