アゼガヤツリ 畔蚊帳吊

mark

Flora of Mikawa

カヤツリグサ科 Cyperaceae カヤツリグサ属

中国名 球穗扁莎 qiu sui bian suo
英 名 yellow flat-sedge
学 名 Cyperus flavidus Retz.
Cyperus globosus All.
Pycreus flavidus (Retz.) T.Koyama
アゼガヤツリ花序
アゼガヤツリ花序
アゼガヤツリ穂
アゼガヤツリ茎
アゼガヤツリ
アゼガヤツリ小穂
アゼガヤツリ果実
花 期 8~10月
高 さ 20~40㎝
生活型 1年草
生育場所 田の畔、湿地
分 布 在来種  本州、四国、九州、沖縄、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、オーストラリア
撮 影 幡豆町 11.9.6
茎は細くて硬く、多数叢生する。葉は茎より短く、幅1~1.5㎜。茎の先に散房状の花序をつけ、花序枝は6~7個。苞は4~6個つき、下部の苞は花序より長い。小穂は赤褐色で、花序にややまばらに付き、長さ10~25㎜、幅1.5~2.5㎜の扁平な線状披針形。小花は10~40個。鱗片は紫褐色、長さ約2㎜、幅1㎜の長楕円形、円頭、中肋は緑色。果実は淡黄褐色~淡赤褐色、長さ約8㎜の倒卵形、表面に光沢があり、細かい粒状突起がある。花柱は短く長さ0.2~0.3㎜。柱頭は2岐、長さ0.7~1㎜と長い。雄しべは3個。
 クグガヤツリは乾いた道端などにも生え、小穂が淡緑~黄褐色で、鱗片の先が芒になり反り返る。