ヤナギイノコズチ  柳猪子槌
[中国名]

柳叶牛膝 liu ye niu xi

[学名] Achyranthes longifolia (Makino) Makino.
ヒユ科 Amaranthaceae  イノコズチ属
三河の植物観察
ヤナギイノコズチの花序
ヤナギイノコズチの葉
ヤナギイノコズチ
ヤナギイノコズチ
 和名の由来は葉が柳のように細いことから。下の写真は牧野植物園の中で、野生と説明があったもの。
 葉は対生し、長さ7~20㎝、幅1~5㎝の披針形~広披針形、先が尖る。葉腋に花穂をつけ、緑色の花をややまばらにつける。花柄は分枝して、開出する。花被片は1脈。小苞の付属体は小さい。仮雄ずいは先が不明瞭な鋸歯状。3倍体2n=42。
 類似種にヒカゲイノコズチヒナタイノコズチがある。
[花期] 8~10月
[草丈] 40~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 樹林内
[分布] 在来種  本州(千葉県以西)、四国、九州、沖縄、中国、台湾、ラオス、タイ、ベトナム
[撮影] 静岡県寸又峡  07.8.5
TOP Back