ウスユキソウ  薄雪草
[中国名] 薄雪火绒草 bao xue huo rong cao
[学名] Leontopodium japonicum Miq.
キク科 Asteraceae  ウスユキソウ属
三河の植物観察
ウスユキソウ花序
ウスユキソウ花
ウスユキソウ花
ウスユキソウ
ウスユキソウ葉
 和名の由来は白色の苞葉が白く、薄雪が積もったように見えることから。茎は直立し、直径2~3㎜、丈夫で、普通上部に葉が密につく。葉は長さ4~6㎝、幅6~15㎜の披針形。葉表の綿毛が少なく、葉裏の綿毛は多い。苞葉は白色、5~8個、長さ1~3㎝。頂部に直径3.5~4.5㎜の小さな頭花を固まってつけ、頭花に短い柄がある。総苞は長さ4~5㎜。総苞片は3列。周辺花は雌性、長さ約2㎜の毛管状。中心花は両性の筒状花、長さ約3㎜、不稔。痩果は長さ約1㎜、有毛。冠毛は長さ約3㎜、白色。
 高山型は小型のミネウスユキソウ。頭花の柄がないか、あってもごく短い。
 ハッポウウスユキソウは葉が斜上する。
[花期] 7~8月
[草丈] 25~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の岩場
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、中国
[撮影] 美ケ原高原  09.8.21
TOP Back