ハッポウウスユキソウ   八方薄雪草
[学名] Leontopodium japonicum Miq. form. happoense Hid.Takah.
キク科 Asteraceae  ウスユキソウ属
三河の植物観察
ハッポウウスユキソウの花
ハッポウウスユキソウの葉
ハッポウウスユキソウ
 八方尾根に固有のウスユキソウの品種で、高山型のミネウスユキソウと似ている。葉は細く、長さ2~3㎝の披針形。葉の両面に綿毛が生え、裏側は密生して白く見える。葉が斜上してつき、葉の裏が見えるため、全体に白っぽく見えるのが特徴である。頭花は茎頂に数個つき、柄はほとんどない。
[果期] 7~8月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 高山帯の蛇紋岩崩壊地
[分布] 在来種(固有品種) 本州(八方尾根)
[撮影] 八方尾根  07.7.28
TOP Back