ウスゲチョウジタデ  薄毛丁字蓼
[学名] Ludwigia epilobioides Maxim. subsp. greatrexii (H.Hara) P.H.Raven
Ludwigia greatrexii H.Hara
アカバナ科 Onagraceae  チョウジタデ属
三河の植物観察
ウスゲチョウジタデの花
ウスゲチョウジタデの毛
ウスゲチョウジタデの茎
ウスゲチョウジタデの葉裏の毛
  
ウスゲチョウジタデ
ウスゲチョウジタデ未熟な果実
ウスゲチョウジタデ葉表
ウスゲチョウジタデ葉裏
 国の準絶滅危惧種。愛知県内では田畑の雑草として見られるため、リスト外。茎と葉に細毛が生え、茎はあまり紅色を帯びない。葉は互生し、長さ7~8㎝、幅7~8㎜の披針形~長楕円状披針形、全縁。花は黄色、直径約8㎜。花弁は5個、長さ約4㎜、倒卵形、花弁の間に隙間があまりないことが多い。萼片は5個、長さ3~4㎜。花柄は無い。花床には白毛が密生する。蒴果は長さ約2㎝。
 チョウジタデは茎や葉に細毛がなく、普通、紅色を帯びる。また、花は小さく、4弁が多い。
 外来種のヒレタゴボウは茎に翼があり、花が大きく、4弁花。
[花期] 8~10月
[草丈] 30~70㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 水田、湿地
[分布] 在来種(日本固有亜種)  本州(関東地方以西)、九州、沖縄
[撮影] 蒲郡市形原町 01.9.12
TOP Back