ヒレタゴボウ  鰭田牛蒡
[別名] アメリカミズキンバイ
[中国名] 翼莖水丁香 yi jing shui ding xiang
[英名] wingleaf primrose-willow, winged water-primrose, erect primrose willow
[学名] Ludwigia decurrens Walt.
アカバナ科 Onagraceae  チョウジタデ属
三河の植物観察
ヒレタゴボウの花
ヒレタゴボウの萼
ヒレタゴボウ果実
ヒレタゴボウ翼
ヒレタゴボウ冬の果実
ヒレタゴボウ
ヒレタゴボウ葉表
ヒレタゴボウ葉裏
ヒレタゴボウ種子
ヒレタゴボウ種子
 茎は直立~斜上、よく分枝し、断面が四角形、葉のつく下部に翼がある。この翼(ひれ)が和名の由来。葉は互生し、ほぼ無柄。葉身は無毛、柔らかく、長さ5~15㎝、幅1.5~3㎝の披針形~狭披針形、全縁、葉の幅が最も広いのは中間より基部に寄り、先は次第に細くなって尖り、基部は楔形~円形、柄状に急に細くなり、狭い翼状に茎の稜に流れる。花は葉腋に単生し、直径約2.5㎝。花弁は4個、黄色、広倒卵形。萼片は4個、長さ7~10㎜の卵形、先が長く尖る。雄しべ8個。蒴果は長さ10~20㎜、4稜形、先に大きな4個の萼片が残る。蒴果は完熟して褐色になり、萼片もなくなり、蒴果の側面が破れて多数の種子が落ちる。冬にほとんど種子がなくなった枯れた蒴果が残る。種子は長さ0.4~0.6㎜の類楕円形、淡褐色。2n=16
 チョウジタデ Ludwigia epilobioides は在来種。花の直径が6~8㎜と小さく、蒴果が細長い円柱形で、萼片が小さい。
[花期] 8~10月
[草丈] 30~150㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 水田、湿地
[分布] 帰化種  北アメリカ、南アメリカ原産
[撮影] 吉良町  09.8.23
TOP Back