チダケサシ  乳茸刺
[学名] Astilbe microphylla Knoll
ユキノシタ科 Saxifragaceae  チダケサシ属
三河の植物観察
チダケサシの白花花序
チダケサシの蕾と花序枝
チダケサシの花序
チダケサシの花
チダケサシの茎
チダケサシ
チダケサシの葉
チダケサシの鋭頭の葉
チダケサシの小葉
 三河地域では各地で見られ、白花のものも多い。
 地下に太い根茎があり、茎を直立する。葉は2~4回奇数羽状複葉、深裂。頂小葉は卵形、長さ3~5㎝、幅2~3㎝の楕円形、先は普通、鈍頭、鋭頭のこともあり、基部は楔形。側小葉の基部は楔形~切形。葉縁は重鋸歯。花序は細長い円錐状、分枝の間隔が開き、側枝は短く、最下以外の側枝は分枝せず、花が密につく。花序軸や花序枝には腺毛が密生する。小花柄は長さ2~3㎜、腺毛がある。花弁は5個つき、花弁が細いへら状で、淡紅紫色~白色、長さが雄しべと同長からやや長く、3~5㎜。雄しべは10個、長さ2.5~3㎜。葯は淡紅紫色~淡青紫色。蒴果は長さ3~4㎜、熟すと2裂開する。
 ハナチダケサシは小葉の先端が尖り、基部が浅い心形~楔形。花序の側枝はよく分枝し、花が白色、花弁が雄しべの長さの約2倍以上あり、長さ約5㎜。
 アカショウマは葉先が尾状に尖り、基部が楔形。花序の分枝が少なく、側枝が長い。花弁は短く、長さ3~4㎜。
 トリアシショウマは花序の分枝が多く、葉の基部が浅い心形、葉先が鋭頭~尾状鋭頭、葉縁の重鋸歯が欠刻状。花弁が長さ4~6㎜。
[花期] 7~8月
[草丈] 40~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日の当たる林縁、草原、湿地、水辺
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(中部地方)
[撮影] 面の木  05.8.15
新城市  13.7.15(白花)
TOP Back