タチシオデ  立牛尾菜
[中国名] 白背牛尾菜 bai bei niu wei cai
[学名] Smilax nipponica Miq. form. nippponica
サルトリイバラ科 Smilacacea  シオデ属
三河の植物観察
タチシオデの雌花
タチシオデの雄花
タチシオデの未熟な果実
タチシオデの粉白を帯びる果実
タチシオデの熟した黒色の果実
タチシオデの葉
タチシオデ雌株
タチシオデ雄株
タチシオデ種子
 花期がシオデより早く、春に咲く。茎が初期に直立し、成長すると、他の木々などに絡みつく。
 茎は単一、円柱形、直立又はときに絡みつき、長さ80~100㎝、平滑、中空、やや強い。葉柄は長さ1.5~4.5㎝、わずかに翼があり、末端に離層がある。巻きひげは托葉が変化したもの。葉身は長さ4~20㎝、幅2~14㎝の卵形(広惰円形)~長楕円形、質が薄い。葉裏は白色の短毛が密生し、粉白色。雌雄異株。葉腋に1個の球形の散形花序をつけ、苞は無い。花序柄は長さ3~9㎝、わずかに扁平。雌雄の花序とも花は20~30個つき、花被片は6個つく。雄花は花被片が開花時に反曲し、緑黄色~白色、長さ約4㎜、幅約1㎜、雄しべ6個、長さ2.5~3㎜、葯は短く、長さ約1㎜の長楕円形。雌花は花被片がほぼ平開し、雄花とほぼ同形。仮雄しべ6個、花柱は3個。果実は球形の液果、直径6~7㎜、粉白を帯び、黒色に熟す。種子は長さ4~4.5㎜の赤色。
 シオデSmilax riparia はすぐに他のものに絡みつく。葉幅が広い。花被片が強く反り返り、雄しべの葯が長さ約1.5㎜の線形。
 タチシオデは日本海側の分布で、太平洋岸は葉の細いホソバタチシオデ Smilax nipponica form. tenuifolia であるという説もあるようだが、宮崎j県などにも分布している。写真のものは葉の幅がかなり広いので、タチシオデとした。
[花期] 5~6月
[草丈] つる性
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 設楽町  07.5.27
TOP Back