ホソバタチシオデ  細葉立牛尾菜
[学名] Smilax nipponica Miq. form. tenuifolia Hisauti
サルトリイバラ科 Smilacacea  シオデ属
三河の植物観察
ホソバタチシオデの枝先
ホソバタチシオデの雄花
ホソバタチシオデの雄花2
ホソバタチシオデ
ホソバタチシオデ2
 タチシオデの葉の細い品種に分類されている。葉の幅が狭く、葉の基部が楔形になり、葉を除いては、タチシオデと同じ。
 シオデはすぐに他のものに絡みつくが、タチシオデは茎が直立する。タチシオデは日本海側に多く、太平洋岸は葉の細いホソバタチシオデが多いといわれている。花期がシオデより早く、春に咲く。 
[花期] 5~6月
[草丈] つる性
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野
[分布] 在来種 本州(静岡県以西の太平洋岸)、四国、九州
[撮影] 昭和の森  03.5.4
TOP Back