シオデ  牛尾菜
[中国名] 牛尾菜 niu wei cai
[学名] Smilax riparia A.DC.
Smilax riparia A.DC. var. ussuriensis (Regel) H.Hara et T.Koyama
Smilax riparia A.DC. subsp. ussuriensis (Regel) Kitag.
サルトリイバラ科 Smilacacea  シオデ属
三河の植物観察
シオデの雄花
シオデの雄花拡大
シオデのでき始めの果実
シオデの葉柄
シオデの茎
シオデ
シオデの葉表
シオデの葉裏
 若芽はおいしい山菜としてよく知られている。
 茎は綾があり、つる状に長くのび、托葉が変化した巻きひげで、他のものに絡みつく。葉は長さ5~15㎝、幅2.5~3.5㎝の卵状長楕円形、先は尖り、基部は浅い心形~切形、3~7の平行脈がある。葉柄は長さ1~2.5㎝、不規則に切れ込む狭い翼がある。。雌雄異株。葉脇の球形の散形花序に小さな花を多数つける。花は淡黄緑色、花被片が6個つく。花被片は強く反り返り、垂れ下がってつき、雄花は長さ4~5㎜の披針形、雌花はやや短く、長楕円形。雄しべ6個。葯は長さ約1.5㎜、細く、釣針状に曲がる。花柱は3個。果実は直径7~9㎜、球形の液果、種子を1~4個入れ、黒く熟し、光沢がある。種子は橙赤色。2n=32
 葉の幅が1.2~3㎝と狭いものはホソバシオデ form. stenophylla として品種に分類されている。
 タチシオデ Smilax nipponica は茎が直立し、花期がシオデより早く、春に咲く。花被片が平開し、葯が長さ約1㎜、惰円形。
 タチシオデの葉の幅が狭いものはホソバタチシオデ Smilax nipponica form. tenuifolia。
 ヤマカシュウSmilax sieboldii は本州、四国、九州、朝鮮、中国台湾に分布する。葉幅がやや広く卵形、無毛。花被片は長さ4~5㎜の長楕円形、斜開~平開し、先はやや外曲する。葯は長さ約1.2㎜。
[花期] 7~8月
[草丈] つる性
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、フィリピン
[撮影] 稲武町   04.7.4
TOP Back