セキヤノアキチョウジ  関屋の秋丁字
[学名] Isodon effusus (Maxim.) H.Hara
Plectranthus longitubus Miq.
 var. effusus Maxim.
Rabdosia effusa (Maxim.) Hara
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  ヤマハッカ属
三河の植物観察
セキヤノアキチョウジ花
セキヤノアキチョウジ花冠の下面
セキヤノアキチョウジ果実
セキヤノアキチョウジの茎
セキヤノアキチョウジ
セキヤノアキチョウジ分果
セキヤノアキチョウジ葉表
セキヤノアキチョウジ葉裏
 葉は対生し、長さ5~15㎝の長楕円形で先が長く尖り、短い葉柄がある。茎頂の総状花序に多数の花を片側に向けてつける。花は長さ約20㎜、幅5~6㎜の唇形花、花柄は長さ10~25㎜と長く、無毛。萼は小さく、5個の萼歯が尖る。果実は4分果。分果は長さ1.5~2㎜。
 アキチョウジは花柄が長さが10㎜以下短く、萼の先が鈍い。
[花期] 9~10月
[草丈] 30~90㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の木陰
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(関東、中部地方)
[撮影] 設楽町  01.10.6
TOP Back