サンショウ  山椒
[別名] アツカワザンショウ、イボザンショウ
[英名] Japan pepper
[学名] Zanthoxylum piperitum (L.) DC.
ミカン科 Rutaceae  サンショウ属
三河の植物観察
サンショウの花
サンショウの熟した果実
サンショウの裂開した果実の種子
サンショウの腺点
サンショウ刺
サンショウ幹
サンショウ
サンショウの未熟な果実
サンショウ葉
サンショウ葉表
サンショウ葉裏
 若葉や花や実が香辛料とされる食用の山椒である。芳香が強く、やや上向きに刺が対生する。幹は灰褐色、いぼ状の突起と鋭い刺がある。葉は互生し、長さ10~15㎝の奇数羽状複葉。小葉は5~9対つき、長さ1~3㎝の卵状長楕円形で縁には波状の鋸歯があり、鋸歯の基部に大きな腺点があり、葉面にもまばらに腺点がある。雌雄異株。花は花弁のない小さな黄緑色。雄花が花山椒として食用とされる。果実は2個の分果に分かれ、直径約5㎜の球形、表面に密に腺点がある。果実が秋に赤く熟すと、裂開して種子が見える。種子は直径3~4㎜、黒色、光沢がある。若い緑色の果実や果皮を香辛料とする。2n=70
 よく似たイヌザンショウは刺が互生し、果実は黒色に熟す。
[花期] 4~5月
[樹高] 2~5m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 林内、林縁のやや湿り気の多い場所
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮
[撮影] 茶臼山   06.7.16
鳳来町   14.9.29(熟した果実)
TOP Back