カラスザンショウ  烏山椒
[中国名] 椿叶花椒 chun ye hua jiao
[学名] Zanthoxylum ailanthoides Siebold et Zucc.
ミカン科 Rutaceae  サンショウ属
三河の植物観察
カラスザンショウの枝先
カラスザンショウの花序
カラスザンショウの種子
カラスザンショウの葉縁の鋸歯
カラスザンショウの幹
カラスザンショウの幹2
カラスザンショウの幹の刺
カラスザンショウの幹の刺2
カラスザンショウ
カラスザンショウ花
カラスザンショウ果実
カラスザンショウ枝
カラスザンショウ葉
カラスザンショウ小葉
カラスザンショウ小葉の裏
 三ヶ根山付近の山には10mを超える大木も多い。
 幹は灰色~灰褐色、大きく基部が盛り上がった刺があり、又は刺が取れ、いぼ状の突起になる。枝にも刺がある。葉は互生し、長さ30~80㎝の奇数羽状複葉。小葉は長さ7~15㎝の長楕円状披針形~披針形、6~12対つく。先は尾状に尖り、縁は波打ち、浅い鈍鋸歯縁。両面とも無毛、葉裏は粉白色。雌雄別下部。枝先の散房花序に小さな花を多数つける。雄花は長楕円状形の白色の花弁5個、雄しべ5個、葯は黄色。雌花は子房や柱頭が太く、緑色。萼は5深裂する。果実は蒴果、3分果。分果は直径3~5㎜の扁球形、しわがあり、灰褐色、熟すと裂開し、光沢のある黒色の種子が見えるようになる。種子は直径3~4㎜の球形
 ニワウルシも大木になり、遠くからはやや似ている、幹は灰色で、独特のしわ状の皮目があり、刺はない。小葉の基部にだけ少数の鈍鋸歯がある。果実は翼果。
 アコウザンショウ Zanthoxylum ailanthoides Siebold et Zucc. var. inerme Rehder et E.H.Wilson は幹に刺がない品種であり、小笠原諸島にだけ自生する。
[花期] 7~8月
[樹高] 5~15m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 林縁、河原、崩壊地、伐採跡
[分布] 在来種 本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、フィリピン
[撮影] 岡崎市  12.7.30
TOP Back