ポーチュラカ・マジカルキューティー  
[別名] 華ミステリア
[学名] Portulaca 'Magical Cutie'
Portulaca umbraticola 'Magical Cutie'
スベリヒユ科 Portulacaceae  スベリヒユ属
三河の植物観察
ポーチュラカ・マジカルキューティー花
ポーチュラカ・マジカルキューティー花横
ポーチュラカ・マジカルキューティー葉
ポーチュラカ・マジカルキューティー茎
ポーチュラカ・マジカルキューティー
ポーチュラカ・マジカルキューティー咢
 'Magical Cutie'マジカルキューティーはハナスベリヒユの園芸品種。マジカルキューティーは商品名、品種登録は華ミステリア[第18185号 田中農園/九州]でされている。
 葉がピンク色を帯び、日に当たるほどピンク色が濃くなる。
 ハナスベリヒユはスベリヒユ(P. oleracea)やマツバボタン(P. grandiflora)の品種又はこれらの交配種、あるいはタチスベリヒユ(P. oleracea var. sativa)の変異種との交配種などとして誤って扱われてきた。過去には葉幅の狭いものをPortulaca grandiflora、葉幅の広いものをPortulaca oleraceaの系統として扱っていた経過がある。現在では種間交雑種ではなく、亜種の交配種であり、Portulaca umbraticola 系統の園芸種とされている。マジカルキューティーもスベリヒユ(P. oleracea)の品種とされていることが多い。
[花期] 6~9月
[草丈] 5~20㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 栽培種
[分布] 帰化種 北アメリカ(USA,メキシコ)、南アメリカ原産
[撮影] 浜松市  18.8.31

  スベリヒユ属

 family Portulacaceae - genus Portulaca

 1年草又は多年草。根は塊茎があり、肉質、ひげ根又は小さい直根がある。茎は直立~平伏、分枝し、肉質又は亜低木、花序に毛状突起があり又は節が無又は有、他は無毛。葉は互生又は類対生、密集して総苞のようであり、下部から花序までつく。葉身は円柱形~類円柱形~扁平。花序は茎頂に束生、又は短枝に腋生。花は無柄又はほぼ無柄、普通、日差しの中だけで開花する。咢片は広く基部を抱き、草質又は薄膜質、蒴果の先から落ちる。花弁は一日限り(ephemeral)、5~7個つき、普通、分離、縁は普通、全縁。雄しべは(4~)6~40(~100)個。子房は半下位~下位、下部が複室~上部が1室、独立中央胎座。花柱は1個、短い。柱頭は3~8(~18)個。蒴果は膜質、白亜質(chartaceous)、.横裂蒴果(circumscissile)=蓋果。種子は多数、褐色~黒色~灰色、 腎臓形~渦巻形。種皮は平滑又は様々に 彫刻され、顆粒状~星形いぼ状~刺状。 x = 4, 5, 8, 9。
 世界に100~125種あり、ほぼ世界中に分布し、主に熱帯と亜熱帯にあり、温帯にもある。
 スベリヒユ属の主な種と園芸品種

 1  Portulaca grandiflora Hook.  マツバボタン
   synonym Portulaca pilosa L. subsp. grandiflora (Hook.) R.Geesink
 南アメリカ(アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイ)原産。英名はeleven-o'clock , Mexican-rose , moss-rose , rose-moss , sunplant。中国名は大花马齿苋 da hua ma chi xian。世界中で栽培され、ヨーロッパなどに帰化。
 1年草、根はひげ根。茎は平伏~類直立、節と花序に毛状突起が目立つ。枝は長さ30㎝以下。葉身は線形~披針形、円柱形~半球形、長さ5~30㎜×幅1~5㎜、先は鋭形又は類鋭形。花序の下に総苞状の葉が(5)8~9(~14)個つき、腋に密に白色の長毛がある。花は直径25~55㎜。花弁はピンク色~赤色~紫色~黄色~ブロンズ色~白色、倒卵形、長さ15~25㎜×幅15~20㎜。雄しべは40個以上。柱頭は5~8個。蒴果は卵形、直径(3.5~)4~6.5㎜(USA)又は長楕円形、長さ約4㎜×幅3㎜(Pakistan)。種子は鋼鉄のような灰色、球形又は長くなり、扁平、直径0.75~1㎜、表面細胞は不明瞭な星形、外側にいぼがあることが多い。2n=18。
 重弁花、2色、豊富な花色の品種がある。
品種)  'Calpyso Mix' , 'Chompoo Praparat' , 'Cerise' , 'Cindy' (PBR) , 'Cloudbeater Mix' , 'Double Mix' , 'Five Petal' , 'Giant Bicolor Radiance' , 'Giant Pink Radiance' , 'Happy Hour' , 'Happy Hour Banana' , 'Happy Hour Deep Red' , 'Happy Hour Fuchsia' , 'Happy Hour Lemon' , Happy Hour mixed (d) , 'Happy Hour Tropical Mix' , Happy Trails mixed (d) , Happy Trails Peppermint , Happy Trails Primrose , Happy Trails Tropical Mixed , High Noon Cream , High Noon Rose , High Noon Yellow , 'Jhumka' , 'Kariba Mixed' , 'Kariba Mixed' F2 Hybrid , 'Karna Pali' , 'Karna Phul' , 'KU 1' , 'KU 2' , 'KU 3' , 'Lalita' , 'Magic Carpet Mix' , 'Margarita Coconut' , 'Margarita Mix' , 'Minilaca Mix'(Minilaca Hybrids ) , 'Mukta' , 'Oostporap' (PBR) , 'Orange Extra Double' , 'Pattik' , 'Pink Panther' , 'Ratnam' , 'Rouge Rubis' , 'Rosy Green' , 'Ruby Jewel' , 'Sleeping Beauty' (PBR) , 'Snow White' (PBR) , 'Som Arunee' , 'Sundial Afternoon Delight' , 'Sundial Cream' , 'Sundial Mango' , 'Sundial Mix' , 'Sundial Peach' , 'Sundial Peppermint' , 'Sundial Scarlet' , Sundial Series , Sunnyside Series , 'Swanlake' , 'Tequila Chiffon' , 'Tequila Fuchsia' , 'Tequila Mango' , 'Tequila Orange' , 'Vibhuti'

 2  Portulaca okinawensis E.Walker et Tawada  オキナワマツバボタン
   synonym Portulaca pilosa L. subsp. okinawensis (E.Walker et Tawada) R.Geesink
 琉球列島の固有種。海岸の琉球石灰岩の上に生育する。
多年草、多肉質。茎は根茎から束生し、高さ5~10㎝。葉は互生し、多肉質、長楕円状楕円形、先は鈍く尖る。花は黄色~橙黄色、直径約1㎝。
2-1 Portulaca okinawensis E.Walker et Tawada var. amamiensis Kokub., Koh Nakam. et Yokota  アマミマツバボタン
 奄美大島・徳之島・加計呂麻島固有変種。全体に淡色で、花も黄色。

 3  Portulaca oleracea L. スベリヒユ
 世界の熱帯~温帯に広く分布。英名はcommon purslane , purslane ,little hogweed , green purslane。中国名は马齿苋 ma chi xian。
 全体に無毛。茎はときに赤色や紫色を帯び、普通、紅褐色、基部から多数、分枝し、平伏又は傾伏、少ないが直立することもある。葉は互生又はたまに類対生し、多肉質で厚く、平ら、光沢があり、長さ10~20(30)㎜×幅5~15㎜、倒卵形~スプーン形、基部は楔形、先は鈍形~円形~切形~軍配うちわ形(retuse.)。花は茎頂に(1)3~5個が束生し、直径(3)6~8(10)㎜、黄色。苞は総苞状に2~6個つく。咢片は2個、緑色、ヘルメット状、長さ長さ3~5㎜、先は鋭形、竜骨があり、花後は大きくなって果実を包む。花弁は5個、黄色、倒卵形、長さ3~5㎜、わずかに基部で合着し、先は軍配うちわ形。雄しべは7~12個、長さ約12㎜。葯は黄色。子房は無毛。雌しべ1個。柱頭は(3)4~6裂。果実は蒴果、卵形、幅3~8(9)㎜(約5㎜)、熟すと上半分が蓋のようにとれる蓋果(がいか)である。種子は幅0.6~1.2㎜、ややゆがんだ円盤形(円状腎形)、熟すと光沢のある黒褐色~黒色、玉虫色にはならない。種皮の細胞は星形、普通、中央に釘のようないぼがあり、ときに無く(平滑)、表面が±顆粒状。花期は5~8月。果期は6~9月。2n = 18, 36, 54。
品種) 'Duecupcar' (PBR) , 'Duecupcheba' (PBR) , 'Duecupgraje' (PBR) , 'Duecupyecro' (PBR) , 'Duecupcheba' (PBR) , 'Duecuppy' (PBR) , 'Harmony Fire' , 'Kakegawa Cy1' , 'Klepo12820' (PBR) , 'Lazzdu0802' (PBR) , 'Lazzdu0803' (PBR) , 'Lazzdu0805' (PBR) , 'Lazzdu0806' (PBR) ,'Lazzdu0808' (PBR) , 'Sonocream' , 'Sonored' (PBR) , 'Sonoscalet' , Summer Baby Golden = 'Kakegawa Cy1' , Summer Baby Golden , MojaveR Tangerine , 'Zapodotiwi' (PBR) , 'Zapodotiye' (PBR)
3-1 Portulaca oleracea L. var. sativa (Haw.) DC.  タチスベリヒユ
   synonym Portulaca oleracea L. subsp. sativa (Haw.) Celak.
 ヨーロッパ原産の食用に栽培される大型の変種。

 4  Portulaca pilosa L.  ヒメマツバボタン
   synonym Portulaca australis Endl.
 北アメリカ、南アメリカ原産。英名はkiss me quick , shaggy purslane。中国名は毛马齿苋 mao ma chi xian 。
 茎はよく分枝して、地を這い、長さ10~30㎝。葉は互生し、長さ5~20㎜、幅1~3㎜、肉質が厚く、扁平な棒状で、基部に白色の毛がある。別名はこの毛から。茎の先に総苞のように葉が6~9個、輪生状に集まってつく。花は直径0.5~1.5㎝の紅紫色、5弁花。花弁は長さ3~5(7)㎜、幅1.5~3㎜の倒卵形。雄しべ5~12(37)個。柱頭3~5(6)個。蓋果は長さ1.5~4.3㎜の惰円形。種子は黒~鉛色、直径0.4~0.6㎜のほぼ円盤形。 2n= 8, 16
品種) 'Hortualis'

 5  Portulaca psammotropha Hance  タイワンスベリヒユ
   synonym Portulaca quadrifida L. var. formosana Hayata
   synonym Portulaca insularis Hosok.
   synonym Portulaca boninensis Tuyama
   synonym Portulaca quadrifida auct. non L.
   synonym Portulaca hainanensis Chun & How.
 中国、台湾原産。中国名は沙生马齿苋 sha sheng ma chi xian 。
 多年草、高さ5~10㎝。根は肉質、太さ4~8㎜。茎は関節が無く、広がり、基部で分枝し、太さ1~1.5㎜、葉腋に絨毛がある。葉は互生し、葉柄は短い。葉身は平ら、倒卵形~線状へら形、長さ5~10㎜×幅2~4㎜、基部は漸尖、先は鈍形。花は単生、4~6個の苞の総苞に囲まれる。咢片は卵状デルタ形、長さ約2.5㎜、脈がある。花弁は5個、黄色~帯黄色、楕円形、長さ約2.5㎜。雄しべは25~30個。子房は卵形、柱頭は5裂。蒴果は先が光沢のあるわら色、広卵形、扁平、長さ2.5~4㎜×幅2.5~3㎜。種子は黒色、完全に熟すと玉虫色の灰色に変わり、円状腎形、長さ約0.7㎜。種皮細胞は結合し、わずかに盛り上がる。花期と果期は夏。

 6  Portulaca umbraticola Kunth ハナスベリヒユ
 北アメリカ(USA,メキシコ)、南アメリカ原産。英名はwingpod purslane , crownpod purslane。この系統の園芸品種を単にポーチュラカともいう。
 1年草、根はひげ根。茎は平伏~類直立、毛状突起は節や花序にまばらあり、それ以外は無毛。枝は長さ5~20㎝。葉身は倒卵形、へら形、ときに披針形、扁平、長さ10~35㎜×幅2~15㎜、先は円形~切形。総苞状の葉は4~5個。花は直径8~15㎜。花弁は黄色又は黄色で先が赤色又は銅色になり(南アメリカでは黄色:ブラジル・アンティアナ諸島・ギアナ、白色、ピンク色:メキシコ・ブラジル、紫色:アルゼンチン、オレンジ色:メキシコ)、へら形~倒卵形、長さ5~10㎜×幅3~6㎜、先は鋭形~尖頭形。雄しべは7~30個。柱頭は(3~)5~18個。.蒴果は倒卵形又はこま形、直径3~5㎜、下部~縫合線まで、取り囲んで広がった幅0.5~1.5㎜の膜質の翼をもつ。種子は灰色、丸く又は長く、扁平、幅0.5~1㎜。表面細胞は星形で長いいぼをもつ。
 ※ハナスベリヒユはスベリヒユ(P. oleracea)やマツバボタン(P. grandiflora)の品種又はこれらの交配種、あるいはタチスベリヒユ(P. oleracea var. sativa)の変異種との交配種などとして誤って扱われてきた。過去には葉幅の狭いものをPortulaca grandiflora、葉幅の広いものをPortulaca oleraceaの系統として扱っていた経過がある。現在では Portulaca umbraticolaの系統の園芸種とされている。日本には1983年にドイツから入ってきたとされ、その後、日本で育種改良が進み、最近では終日開花や大型花も登場してきている。
 Portulaca umbraticola の初期の品種である'Wildfire Mixture' が米国で1982~1983年に販売された。'Wildfire Mixture'は花がピンク・パープル~黄色~オレンジ色~赤色~サーモン色になる。これが現在の品種の主な元になっている。
品種)  'Balrioscar' (RIO™ SCARLET, RIO™ SERIES) , 'Cupcake Carrot', 'Cupcake Grape Jelly' , 'Carnaval' , Duet™ Candy Stripe , 'Fairytales Cinderella' (Fairytales Series) , 'Felice'フェリーチェ(白地に赤のストライプ) , 'Firegold' , 'Giganthes' , 'Hot Spots' , 'Hot Spots Orange' , 'Lazprt1502' (PBR) , 'Lazprt1505' (PBR) , 'Lazprt1507' (PBR) , 'Lazzdu1112' (PBR) , 'Magical Cutie'マジカルキューティー商標登録(葉がピンク色を帯びる)=華ミステリア[田中農園/九州 品種登録] , Mojave® Fuchsia , Mojave® Pink , Mojave® Red , Mojave® Tangerine , Mojave® White , Mojave® Yellow , 'Orange Glow' , Pazzaz™ Deep Pink , Pazzaz™Fuchsia , Pazzaz™Jumbo White , Pazzaz™Jumbo Yellow , Pazzaz™ Orange Flare , Pazzaz™Pink Glow , Pazzaz™ Red Flare , Pazzaz™ Rose Glow , Pazzaz™ Salmon Glow , Pazzaz™ Sweet Pink , Pazzaz™Tangerine , Pazzaz™ Vivid Yellow , Pazzaz™ Yellow Improved , Rio Scarlet , Sono Series園 , 'Summer Joy Pink' , 'Summer Joy Red' , 'Summer Joy Rose' , 'Summer Joy Scarlet' , 'Summer Joy White' , 'Summer Joy Yellow' , 'Sundance Mix' , 'Sun Jewels' , 'Toucan Hot Mix' , 'Toucan Scarlet' , 'Wildfire Mixture'(初期の品種) , Yubi Primrose , Yubi™ Series , 'Yubi Summer Joy Apricot' , 'Yubi Summer Joy Light Pink' , 'Yubi Summer Joy Orange' , 'Yubi Summer Joy Pink' , 'Yubi Summer Joy Rose' , 'Yubi Summer Joy Rose with Red Eye' , 'Yubi Summer Joy Scarlet' , 'Yubi Summer Joy White' , 'Yubi Summer Joy Wine Red'

【過去に他品種として表示されていたもの例】
 [hybrid]
   'Hot Spots', 'Rio'
 [P. grandiflora]
   'Cupcake' , 'Carnaval' , 'Duet' series , 'Fairytail' series ,
   'Sundance'( P. grandiflora の'Sundancer'とは異なる), 'Yubi'
 [P. oleracea]
   'Giganthes' , 'Pazzazz' , 'Pazzaz Jumbo ' , 'Rio' , 'Summer Joy' , 'Sun Jewels' ,
    'Toucan , Yubi Primrose',

  USAに2亜種がみられる。これらも園芸品種の元になっている。
6-1 subsp. coronata (Small) J. F. Matthews & Ketron
 花は直径8~10㎜、花弁は黄色。2n = 36。
6-2 subsp. lanceolata J. F. Matthews & Ketron
 花は直径8~15㎜、花弁は黄色、先が赤色(銅色)。2n = 54。

 7  Portulaca werdermannii Poelln.  ポーチュラカ・ウェルデルマニー
 南アメリカ(ブラジル)原産。
 多年草、平伏し、多肉植物。根は塊茎があり、主根は太くて長く、長さ5~10㎝、二次根は細い。茎は這い、長さ15~20㎝、緑色、分枝し、葉のつく茎の節に長さ15~20㎜の白色の綿毛が多数生じる。茎葉は無柄~ほぼ無柄、葉柄は長さ0.5~0.6㎜、円筒形。葉身は長さ10~20㎜×幅2~5㎜、長楕円状披針形、類円筒形。葉身の上面は普通、凸面、下面は小さく基部~先まで中央が凹み、顕微鏡下でだけ見える。葉の基部は丸く、先は微突形。総苞葉は花序に5~10個、葉身は長さ10~18㎜×幅2~4㎜、長楕円形、帯白色の軟骨質の縁をもち、無毛、基部は丸く、先は微突形、宿存性。花序は頂生し、花が2~4個つく。花は放射相称、無柄、両性、大きく、20~30(~40) ㎜。花は1日花、普通、1個の花だけが咲く。咢片は長さ8~10㎜、無毛、背面が凹面、先は尖鋭形。花弁は5個、倒心形、マゼンタ色、長さ1.5~2㎝×幅1~2㎝。雄しべ群は多数(20~35個)の雄しべをもつ。花糸は長さ6~9㎜。葯は長さ1.5~2㎜。花柱は長さ2~4㎜、基部につき、カラムを形成する。柱頭の枝は5~7個。長さ1.5~2㎜。ブラジルでは花が10~12 AM の間に開き初め、 2~4 PMまでの間開く。このため、一般的には "onze horas"(eleven hours)と呼ばれる。果実は蓋果であり、無柄、莢(pod)は長さ3~5㎜、半球形の蓋の上半分と下半分に円形に分かれ、直径1~2㎜。種子は果実に15~20個、小さく、長さ0.5~0.7㎜、黒色、光沢は無い。

 8  Portulaca oleracea L. x P. pilosa L. subsp. grandiflora (Hook.) R.Geesink  ハナスベリヒユ
 ⇒Portulaca umbraticola Kunth 
 果実の周囲に薄膜の翼があるものはPortulaca umbraticola 。若い果実でも翼が見られる。

 参考

1) Flora of North America
  Rivina
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=128629
2) Flora of China
  Rivina
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=128629
3) GRIN
 Rivina
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomydetail.aspx?id=31908
4)The Encyclopedia of Succlents
 Portulaca werdermannii Poelln.
  http://www.llifle.com/Encyclopedia/SUCCULENTS/Family/Portulacaceae/34346
   /Portulaca_werdermannii
 Portulaca umbraticola cv. Wildfire Mixed
  http://www.llifle.com/Encyclopedia/SUCCULENTS/Family/Portulacaceae/29727
   /Portulaca_umbraticola_cv._Wildfire_Mixed
5) Australian Portulaca
 The History of Portulaca umbraticola in Cultivation
 http://australianportulaca.blogspot.com/2013/08/the-history-of-portulaca-umbraticola-in.html
TOP Back