オカダイコン  岡大根
[学名] Adenostemma lavenia (L.) Kuntze var. madurense (DC.) Panigrahi
Adenostemma madurense DC.
Adenostemma viscosum var. reticulatum (DC.) Hook.f
キク科 Asteraceae (Compositae)  ヌマダイコン属
三河の植物観察
オカダイコンの花序
オカダイコンの頭花
オカダイコンの総苞
オカダイコンの小花
オカダイコンの集合果
オカダイコンの集合果
オカダイコンの冠毛
オカダイコンの痩果
オカダイコンの乾いた痩果
オカダイコンの茎
オカダイコン
オカダイコンの痩果
オカダイコン葉表
オカダイコン葉裏
オカダイコン葉の鋸歯
 Adenostemma laveniaは非常に変化しやすく、疑わしい分類群である。Adenostemma lavenia はA. tinctorium やA. viscosumとは別種であり、スリランカの固有種とする見解と、同種で汎熱帯的であるとする見解がある。Ylistでは3変種を分けずにAdenostemma lavenia とし、USDA(GRIN)では学名をAdenostemma viscosumとして、Adenostemma laveniaはbasionymとしている。
 The Plant Listでは種内taxaをvar. latifolium、var. madurense、var. parviflorum、var. reticulatum 、var. rugosum、f. angustifoliumの6種としている。
 日本のヌマダイコンはAdenostemma lavenia1種とされていたが、痩果が平滑のオカダイコンと疣状のヌマダイコンが別変種として分けられるようになった(Koyama, 2001; 小林, 2004)。当初は分布が関西以西とされていたが、それ以外でも確認されるようになり、三河地方でも見られる。現在、オカダイコンはvar. madurense、ヌマダイコンはvar. laveniaに分類されている。しかし、Flora of China はvar. lavenia、 var. latifolium 、var. parviflorum の3変種に分類し、一年草(多年草の誤りか)としている。日本のヌマダイコンvar. laveniとは一致せず、学名に混乱がある。どちらかというとオカダイコンがvar. laveniaに近く、ヌマダイコンはvar. parviflorumに近い。
 オカダイコンは高さ30~100㎝(実測28~96㎝)、茎が直立又は基部で曲がって直立し、下部では分枝せず、上部で分枝して花をつける。葉は対生し、長さ0.5~4(実測:1.5~6)㎝の葉柄がある。葉身は長さ4~20㎝、幅3~12㎝(実測:長さ4.5~17㎝、幅2.5~10㎝)の卵形~卵状楕円形、先は尖り、基部は広楔形で急に狭くなり、翼状に葉柄へと続く。茎の上部や下部の葉は小さく、中部の葉が最も大きい。葉縁には不規則な鋭鋸歯~鈍鋸歯がある。鋸歯は細かく、長さ4.5㎝の葉で10対程度、大きい葉は鋸歯が30対ほどある。頭花は散房状にまばらにつき、花序の大きいものは円錐状になる。総苞は長さ4~5㎜、幅(5.5)6~7.5㎜(実測)、個体が小さい日陰の群落では花がやや小さく、総苞の幅が狭い。総苞片は同長の2列で、基部が合着する。小花はすべて両性の筒状花、総苞が幅6㎜以上のもので33~45個、総苞が小さいものは25~30個と小花も少ない。花冠は先が5裂し、5歯があり、上部は歯も含めて淡ピンク色で毛が密生し、小花が蕾のときはピンク色に見える。花冠の中間は紅紫色、下部は緑色、腺毛が多い。花柱の先が2裂し、白色、花冠の外へ長く突き出る。痩果は黒褐色~黒色、長さ3~4.1(平均3.5)㎜、幅1~1.3㎜(平均1.1)、腺点がまばらにあり、日数が経過して乾いてくると褐色になり、ほぼ平滑になる。冠毛は長さ約1㎜、棍棒状、3~5個つき、開出し、粘液を多量に出し、触ると手に付着する。粘液は最初、無色であるが、褐色になってくる。
 日本のヌマダイコンは直立又は基部で曲がって直立し、高さ30~100㎝、上部で分枝する。葉は対生し、長さ1~6㎝の葉柄がある。葉身は披針形~卵形(以前は卵形~卵状長楕円形とされていた)、長さ4~20㎝、幅3~12㎝、鈍鋸歯があり、両面にまばらに短毛があり、基部は急に狭く翼状になる。 頭花は小さく、散房状にまばらにつく。総苞は半球形、長さ4~5㎜、幅5~6㎜。 総苞片は2列でほぼ同長、鈍頭、果時に反り返る。 すべて両性の筒状花、長さ2.5㎜。花冠は白色~淡ピンク色、先が5裂し、上部に毛が密生し、下部に腺毛がある。雄しべは短く、花冠内にあり、見えない。花柱は先が2裂し、白色、花冠から長く突き出る。 痩果は黒褐色、棍棒状、長さ約4㎜、密に腺点があり、褐黄色の粘液を出して全体に粘り、低い瘤があり、成熟して乾くと表面が淡褐色の痂状になる。 冠毛は3~5個、長さ約1㎜、棍棒状。三河地域の2箇所で確認したものは痩果が長さ3~3.5㎜。葉の鋸歯が粗く、オカダイコンより鋸歯が明らかに少ない。花もほとんどピンク色にならない。
 var. lavenia (Flora of China) 中国名が下田菊(xia tian ju) 。
 一年生草本、高さ30~100㎝、茎は単一、直立し、基部の直径0.5~1㎝、硬く、通常は上部で分枝し、白色の短柔毛で覆われ、下部又は中部以下は平滑、無毛。葉柄は長さ0.5~4㎝、狭い翼がある。葉身は楕円状披針形~惰円形~菱状惰円形、長さ4~12㎝、幅2~5㎝、両面わずかに有毛~無毛、円鋸歯縁、先は鋭形~鈍形、茎上部と下部の葉は小さく、柄も短い。頭花は散房花序や円錐花序に 少なく、稀に多く、まばらに又は密につく。花柄は長さ0.8~3㎝。総苞は半球形、長さ4~5㎜、幅6~8㎜、果時には直径10㎜になる。総苞片は2列、緑色、ほぼ同長。花冠は長さ2.5㎜、先は三角状の5歯、上部に柔毛、下部に腺毛がある。痩果は黒褐色、長さ約4㎜、幅約1㎜、疣状にはならず、腺状。花果期は8~10月。2n=20
 var. latifolium 中国名は宽叶下田菊( kuan ye xia tian ju )であり、葉幅が広く、広卵形~菱形、縁は欠刻(けっこく)状~鋸歯状~重鋸歯状。痩果は密に疣状(tuberculate)。葉はオカダイコンに似ているが、痩果はヌマダイコンに似ている。
 コバナヌマダイコン var. parviflorum (Adenostemma parviflorum=A. viscosum var. parviflorum ) は中国、台湾に分布し、中国名は小花下田菊(xiao hua xia tian ju )。葉は質が厚く、楕円状披針形~菱状惰円形~惰円形。頭花が小さく、総苞が直径5~7㎜。痩果が小さく長さ2.5~3.5㎜、密に疣状。
[花期] 9~11月
[草丈] 30~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地や低地のやや湿った林縁、林道端
[分布] 在来種 本州(近畿地方以西)、四国、九州、未確認の地域があり、区域は広い可能性がある
[撮影] 蒲郡市(相良山)  15.9.26
TOP Back