ノギラン  芒蘭
[別名] キツネノオ
[学名] Metanarthecium luteoviride Maxim.
Aletris luteoviridis (Maxim.) Franch.
キンコウカ科 Nartheciaceae  ノギラン属
三河の植物観察
ノギラン花序の分枝
ノギラン花・葯橙色
ノギラン花・葯白色
ノギラン花茎と小苞
ノギラン痩果
ノギラン
ノギラン種子
ノギランの葉
ノギラン葉表
ノギラン葉裏
 キンコウカ科はユリ科から分割された。
 葉は根生し、ロゼット状になり、ショウジョウバカマに似ている。葉は長さ8~20㎝の倒披針形、やや鈍頭。花茎は高さ15~50㎝、分枝しないか、または少数分枝し、ほとんど無毛または上部に短毛がある。穂状花序に多数花をつける。花序の下につく苞は小さく、線形。小苞も小さい線形。花柄は長さ2~4㎜。花被片は長さ6~8㎜、線状披針形、白色~淡黄褐色、外面の中肋は緑色であり、基部が離生する。雄しべ6個、花被片より短い。花糸は無毛。葯の色は橙色。花粉は白色。柱頭は3裂する。子房上位、子房は花被片と合着する。花茎や花被には腺点がなく、ネバリノギランのように粘らない。蒴果は長さ5.5~6.5㎜、先が尖った卵形、熟して乾いてくると先から3裂開する。花被片が乾いてよれよれになり、取れかかって残るのが特徴。種子は長さ約0.7㎜の楕円形、褐色、表面は暗褐色の深い格子状になる。
[花期] 6~8月
[草丈] 15~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の湿った場所
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、千島
[撮影] 岡崎市 12.7.30
蒲郡市 15.12.9
TOP Back