ナズナ  薺
[別名] ペンペングサ
[英名] shepherd's purse
[中国名]

荠 qi

[学名] Capsella bursa-pastoris (L.) Medic.
アブラナ科 Brassicaceae (Crucifera)  ナズナ属
三河の植物観察
ナズナの花序
ナズナの花
ナズナの花
ナズナの果実
ナズナの未熟な種子
ナズナの熟した果実
ナズナ
ナズナ葉
ナズナ葉の星状毛
ナズナの熟した種子
 別名は果実の形が三角形で、三味線のバチの形をしていることから。道端、荒地などどこでも見られ、雑草の代名詞となっている。春の七草の1つで、利尿、止血、解熱の薬草としても用いられる。
 茎は直立する。根生葉はロゼットをつくり、長さ(0.5)1.5~10(15)㎝、幅0.2~2.5(5)㎝の惰円形~倒披針形、 羽状に裂ける。早春の頃は裂片が細く、裂片の基部に耳片(耳状の小裂片)があることが多い。茎葉は長さ1~5.5 (8)㎝、幅1~15(20)㎜、 上部では裂けず、無柄、基部は矢じり形に茎を抱く。葉面には毛があり、小さな星状毛が多数混じる。萼片は長さ1.5~2 ㎜、幅 0.7~1㎜、縁が薄膜質、頂部は赤色を帯びることが多い。花は直径約4㎜の白色、十字形花。花弁は長さ (1.5)2~4(5)㎜、幅1~1.5㎜の倒卵形。雄しべ6個。雌しべ1個。果実(単角果)は長さ(3)4~9(10)㎜の倒三角形、上部が凹む。果柄は長さ(0.3)0.5~1.5(2)㎝。種子は褐色、長さ0.9~1.1㎜、幅 0.4~0.6㎜。2n=32
 葉の裂片に耳片があるものをオオナズナと分類することがあったが、現在は分類しないのが普通である。
 花が黄色で、花のつき方が似ているのはイヌナズナ
 マメグンバイナズナは果実が小さく円形。
[花期] 3~6月
[草丈] (2)10~50(70) ㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 道端、畑
[分布] 在来種 日本全土、世界各地
[撮影] 幸田町 10.4.6
TOP Back